戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ママたちの間で人気爆発☆赤ちゃんの「おひるねアート」撮影会

とある日常のひとコマ。

会社:「主婦ライターさん、取材に行けますか?」

私:「はい、何の取材でしょうか。」

会社:「げるばんど愛さんのイベントがあるので。」

私:「はぁ、何かのバンドのライブですかね?」

 

IMG_0672bro

イベント会場「こまちカフェ」

子育てを応援!ママたちの憩いの場所です。

 

さっきのやり取りの続き。

会社:「げるばんど愛さんはバンド名じゃなく…(苦笑)

赤ちゃんのおひるねアート撮影会の講師みたいです。」

私:「あ~だから、こまちカフェなのね!」

 

カフェ奥のイベントスペースでは、着々と準備が

進んでいました。今回の撮影会のテーマは・・・

『幸せ物語♡春~Hello Spring~♡』

IMG_0547bro

「おひるねアート」とは?

小物類を使ってデコラティブな背景を製作し、

赤ちゃんを寝かせて撮影するアートのような写真。

 

赤ちゃんの頃は、日ごとに成長する姿を残そうと

何気ない日常でもたくさん写真を撮りますよね。

おひるねアートでは、可愛らしい背景を用意し、

季節や行事毎の特別な思い出作りを演出します。

昨今ママたちの間でおひるねアートが熱い!!!

 

IMG_0564bro

「一般社団法人おひるねアート協会」認定講師

げるばんど愛さん

にお話を伺いました。

 

「おひるねアート」ができてから、まだ5年程ですが

急速に広まって、今や日本各地でイベントが開催され、

大手デパートや住宅関連会社など企業とのコラボ企画

も増え、社会的にも広く認知されてきています。

 

 愛さん自身も戸塚区在住の2児のママさん。

まだお子さんが小さいので、戸塚区内をメインに

鎌倉やみなとみらいなど近場で活動しています。

記事トップのモデル写真は愛さんの娘さん(^-^)

 

IMG_0557bro

講師になったキッカケは・・・

2人目の育児の方が気持ち的な余裕がありました。

育児をする中で、子どもたちの成長の証をもっと

楽しく&可愛く残したいと思っていたところ、

おひるねアートに出会いました。

おひるねアート協会では講師育成にも力を入れており、

「これだ!」と思いました。

 

「げるばんど愛さん」という印象的な名は?

「主人がアメリカ人でGelbandといいます。

親しみやすいよう平仮名でげるばんどと名乗ってます!」

 

IMG_0553bro

撮影会では2組の親子を30分間でご案内。

3回入れ替わりがあり、計6組を迎えます。

この日は初めての方とリピーターの方が半々。

 

まず、用意してある衣装に着替えてもらいます。

色やカタチもバリエーション豊かで、どれも

着せたくなっちゃうくらいキュート☆

 

愛さん:

「小さいうちならと、男の子にもフリフリの

ドレスを着せるママが多いんですよー。」

 

IMG_0559bro

お着替えが済んだら、赤ちゃんを寝かせます。

ハイ、よっこらしょ。

ごろん。おとなしくネ!

 

今回は成長記録を残せる特別バージョンなので、

アートの中に名前&月齢だけでなく、体重&身長

も入れることができます。(測定は事前に)

 

愛さん:

「日本には四季折々のイベントが本当にたくさん。

それに合わせたアートを創作してご用意します。

もちろん自宅で自分でやることもできますが、

家じゅう雑貨だらけになるし(笑)デザインを考える

のも大変なので、撮影会を利用してもらえたら☆」

 

IMG_0599bro

次に、飛び道具的なアイテムを使って

赤ちゃんの視線を誘導しながら撮影会!

はい~。ピロロピロロ!(謎のかけ声)

こっちですよー。上手でちゅねぇー!

 

大きなよく通る声、ハキハキした力強さ。

愛さんのテンションMAXぶりに、主婦ライター

はビックリ。赤ちゃんもきっとビックリ。

 

IMG_0570bro

思わず逃げ出しちゃう赤ちゃんもいたり・・・

 

月齢が低いお子さんだと、寝ているだけなので

比較的スムーズに撮影できるのですが、

動けるようになり、歩けるようになり、

月齢が上がるにつれて自己主張も出てくるので、

撮影に一苦労することもあるそうです。

 

イベントによって対象年齢を設けている場合があり、

今回は0~2歳くらいまでとしていますが、

親子で、ペットと、あるいは祖父母と

世代を超えて楽しむ幅もあるのがイイところ。

 

IMG_0588bro

さっき逃げ出した赤ちゃんも、愛さんが

一生懸命に(必死に・・・)あやしてご機嫌を取り

楽しい気分に盛り上げて、イイ表情を引き出します。

すごい、プロフェッショナル!

 

基本的にはママが持参したカメラ・スマホで

撮影をします。椅子などできるだけ高い所に立ち、

真上からカメラを構えて、中心から撮るのがコツ。

 

IMG_0569bro

おまけアートも!

先ほどのメイン1アート+小さなおまけアート

の2種類で撮影可能。こちらは簡易的なタイプ

ですが、本日の日付や、赤ちゃんの月齢を

数字を使って、示すことができるんです。

よく考えられていますねー(^-^)

 

愛さん:

「講師育成プログラムを受けてデビューしましたが、

先輩や仲間の助けを得ながら、実践あるのみ、です。

お母さんたちに喜んでもらえ、素晴らしい出会いが

たくさんあるので、それを支えに頑張っています!

好きだからこその仕事だと思っています。」

 

IMG_0616bro

絵本の世界のよう☆

衣装は2種類を選ぶことができるので、また

お着替えをして、2つのアートを使って、

2組の親子が同時進行で撮影を行います。

 

ご自分で衣装を持参したママさんもいました。

なんて可愛い子羊さん♡

見ているコチラも癒されます。

 

IMG_0609bro

このママさんは、お子さんが気に入っている

ミッキーのパペットを用意してこられ、

笑顔の瞬間をとらえることができました。

 

愛さん:

「赤ちゃんが泣いたり愚図ったりすると、

焦ってしまうお母さんもいますが、大丈夫です!

絶対にシャッターチャンスは訪れますから。

私はお母さんのサポートに徹します。」

 

ほら、パンパーン!!!

と叫んで鳴り物をあやつる愛さん。

たっ、頼もしい・・・

 

IMG_0631bro

助っ人:愛さん母(左)

この日、唯一の女の子の着替えをお手伝い。

 

愛さん:

「背景のセットや衣装・小道具など荷物が多くて、

運んだりするのも、母が近くに住んでいるから

助けてもらっています。参加者2組を自分だけで

お相手するのは難しいですし・・・母と主人の

理解や協力のおかげだと感謝しています。」

 

愛さんがメインのアートを担当している一方で、

お母さんはおまけアートの方でお手伝い。

次々と色んなグッズが登場・・・↓

IMG_0651bro

大急ぎで着替えさせるも、嫌がって逃げたり、

泣いたり、遊んじゃったり、そして愛さんの声が

響き渡る中、大人は赤ちゃんの撮影に無我夢中。

その騒々しさといったら悪夢のよう!

会場は大わらわ!

 

このテンションで毎回やってる愛さんはスゴイ。

呆然と観察する主婦ライターでした。

(癒されるんじゃなかったのか!?)

 

「今日はこれでも平和な方ですよー」

と不適な笑みを浮かべる愛さん。

 

IMG_0646bro

  こんな感じで大わらわ。

ママたちは、撮った写真をSNSで公開したり、

祖父母に送ったりと、あれこれと活用。

大切な記念になりますネ。

 

愛さんは言います。

「戸塚区は子育て世代が多いので、撮影会はすぐに

満席になるんです。特に働くママさんが増えた今、

1年間という短い育休中に、赤ちゃんとの時間を

大いに楽しんで思い出を大事に残したいという方が

目立ちます。だから1年経つとガラッとリピーター

さんが変わることも。」

 

IMG_0656bro

おひるねアート愛好者の間でイケメンぶりが

知られた常連イチくん。集中力がもたないのが

悩み、とイチくんママ。

なかなか言うことを聞いてくれず、マイペースに

遊んじゃってます。背景をぐちゃぐちゃにするも、

愛さんが笑顔でフォロー。

 

IMG_0668bro

アートからスグに逃げ出してしまうので、

愛さんが力技を発揮。(虐待ではない!)

抱っこしてブンブンと振り回して喜ばせている

様子。こうなったら、もう捨て身。

 

作品づくりや撮影アシストだけではなく、

お子さんやママたちといかにコミュニケーションを

取るか、これも講師の資質といえそうです。

 

IMG_0659bro

最後にはお願いモード。

「ねえ、お願いだからさぁ、こうやって

ゴロンってしてくれな~い?」

 

そこで、すかさずママが携帯で息子の大好きな

アンパンマンの動画をチラつかせ、ゴロンに成功!

 

2人の連携プレーで一気に撮影を済ませます。

愛さんが「いないいないばあっ!」を要求すると・・・

IMG_0667bro

IMG_0666bro

何度もやってくれて、ニッコリ笑った様子を

カメラにおさめる事ができました。

大成功!!!

 

撮影会は、こまちカフェ紡ぐカフェで定期的に、

フォーラムでは不定期で開催しているとのこと。

満席の場合はキャンセル待ちや、次回に優先枠を

設ける場合もあるため、ぜひ体験してみて♪♪♪

楽しくてハマっちゃう人続出かも!?

詳細は愛さんのブログをチェック!

 

IMG_0671bro

イベント後、こまちカフェで美味しい&優しいランチ

を味わう方もいました。(基本、予約制です)

 

ママたちに共通して言えることは、とても嬉しそうに

撮影会に臨んでいて、帰り際には「また来ます!」と

ニッコリ笑顔を見せていたこと。

おひるねアートが、育児中の喜びや励みになったり、

外へ出て交流を広げる機会になったり、と

孤独になりがちなママたちの大きな力になっている

ことが感じられました。

 

おひるねアートのますますの普及と愛さんの今後のご活躍を祈って!

 

*******************

 

げるばんど愛さんブログ

おひるねアート★マーガレット

https://ameblo.jp/ohiruneart-margaret/

 

一般社団法人日本おひるねアート協会

https://www.ohiruneart.com/

 

 

Share (facebook)