戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

この夏、横浜「ガチめん汁もの篇」に挑む!麺酒処ふくろう

ラーメン激戦区の戸塚に、異色なラーメン居酒屋がOPENし

じわじわと人気が広がっているという。

今年の8月で1周年を迎える同店は、以前の区役所があった場所からスグ。

IMG_9690_to

梅雨であることを忘れさせる快晴の一日、30度くらいはあるんじゃないか~

汗を拭き拭き戸塚駅から歩くことしばし。お店を見っけ♪

IMG_9693_to

麺酒処ふくろう

何故ふくろう?店主はふくろう好き?

IMG_9700_to

招き猫のごとく、ふくろうに招き入れられるようにして店内へ。

お昼の閉店直後にお邪魔いたしました。

IMG_9712_to

昭和っぽいオモチャや壁面飾りがあって、このMIX感がいいな~。

気を遣わずにリラックスして過ごせる感じですね。

カウンターやテーブル席などあって、一人でもグループでもWELCOME☆

IMG_9732_to

ふくろうの置物がそこかしこに並んでいます。

店名は、ふくろう=不苦労という当て字から、商売で苦労しないようにとの

願いがこめられています。縁起が良い生き物として人気ともいいますよね。

きっと皆さんのご家庭にも置物があるのでは?

IMG_9708_to

そんな店主はオッサンかと思いきや、まだ“若い兄ちゃん”って感じ。

頭に巻いたねじりハチマキならぬタオルが・・・商売にかける意気込みを

物語っているよう・・・

IMG_9702_to

独立を志して、ふくろうの置物をせっせと集めていたんだそう。

今ではお客さんが持ってきたり、コレクションの数が着実に増えているとか。

IMG_9724_to

さっそく作ってくれたのは・・・

IMG_9720_to

~追いはまぐり中華そば~

IMG_9734_to

はまぐり100%のダシに秘密の香味油を溶いた塩味スープが自慢の一品。

具材としてのはまぐりをさらに投入してサッと火を通すことで、

十二分に旨みを引き出しています。

そういうわけで、「追いはまぐり」って呼ぶんですね!

IMG_9742_to

店の入り口脇に製麺機のある小部屋が。毎朝自家製麺を作り、

昼も夜も厨房を一人でこなす働き者!

ぐうたらしている私から見れば尊敬に値します!

IMG_9737_to

小麦本来の味と香りを引き出すため、麺はこだわりの国産小麦100%

外国産と比べると扱いが難しいので、幾度となく失敗を繰り返しながら

ようやく納得のいく仕上がりになってきたようです。

IMG_9745_to

細めストレート、国産小麦の風味豊かな麺。

はまぐりのダシがよくよく浸みこんで、何とも言えないふくよかな味わい。

うん、おいしい!

するりするり・・・と入っていきます。

日本人の味覚にしっくり馴染む、と表現すればいいでしょうか。

IMG_9754_to

この透明な輝きに満ちたスープをごらん。おいしそうでしょう?

おいしーです☆素晴らしく!

滋養に満ちたはまぐりエキスが「これでもかー」と言わんばかりにガンガン

責めてきて、「あー参りました!大変おいしゅうございます。」

ってなもんで。まるで高級店の上品なスープのよう。奥深ーい広がり。

IMG_9731_to

醤油ラーメンTRY新人賞の醤油部門で入賞したという実力派。

甲乙つけがたい程の人気だそうですが、塩味の方がはまぐりの味をより

ストレートに感じることができ、店主オススメだと言います。

IMG_9748_to
鶏チャーシュー2枚は繊細なスープが損なわれないように、あっさり目。

やわらかで適度な脂身もあり、この1杯の満足感をUPさせてくれます。

IMG_9753_to

ここで忘れちゃ~いけない!はまぐりの身の存在を。

恥じらいがちに、隠れるように。

しかし間違いなく主役のアナタ。立派な身が6個もあった♡

素晴らしいダシとなり、食べればぷっくり美味しい具となり。

IMG_9769_to
たっぷり浮かぶ長ネギみじん+カイワレをあしらう、店主の小粋なセンス!

少しピリリとした辛みが和風な薬味としてアクセントになっています。

IMG_9775_to

は~旨かった!ありがとう!

とっても満足、贅沢なラーメンでした。

ランチでは麺大盛りか小ライスのサービスあり。雑炊にしたら合いそう。

IMG_9703_to

居酒屋っぽいかと思いきや、本格派の麺処ですよ!

店主、渾身のメニューを「横浜ガチめん汁もの篇」に出品するので応援しよう!

以下のメニューとの兼ね合いで、限定品となっているようです。

IMG_9728_to

はまぐり100%ではないけれど、鶏ガラ・煮干し・はまぐりの豪華共演

トリプル出汁の中華そばも評価が高いらしい★
もとは中華料理の修業を積んでいた店主。

夜のメニューは中華系がお得意なよう。ちなみにラーメンは独学だとか。

自身が好きな「ラーメンと焼酎のお店」を開きたかったという。

ラーメン屋であり、居酒屋でもある、看板通りの麺酒処

 

戸塚新聞:「なぜ、はまぐりに目をつけたんですか?」

店主:「肝臓にいいから!飲んで疲れた胃に優しいラーメンを提供したくて。」

戸塚新聞:「意外と健康志向なんですね・・・」

店主:「自分は合成アルコールを飲むと具合が悪くなる気がするので、

焼酎も厳選しています。酔いが翌日に残らないですよ。」

IMG_9715_to

夜は何かつまみながらお酒を楽しみ、〆にはラーメンを食べてもらいたい

というコンセプトで営業しているんですね。

店主の思惑にはまって、ついつい足繁く通う人がいそうです!

 

麺酒処ふくろう

〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町145-6

045-866-3550

営業時間:11:30~14:00

17:30~24:00(フードLO23:00、ドリンクLO23:30)

日曜日LO21:00

定休日:月曜日

 

※ガチめん汁もの篇 http://shirumono.gachimen.com/

主催:一般社団法人横浜市商店街総連合会 /

開催期間(投票期間):2015年7月1日(水)~8月31日(月)

Share (facebook)