戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

保土ヶ谷出張!気取らないビストロ【Vin Vino】でワインとフレンチを♪

10月、いきなり寒くなりました。

運動会や旅行などイベントも多い時期ですから

風邪をひかないよう気をつけたいですね。

 

今回はミカさんからの情報で、ビストロの取材に

いってきた主婦ライターです。

ミカさんって誰?

私のトモダチ。(保土ヶ谷区在住)

 

IMG_8594_to

横浜新道の今井インター付近にあります、黄色い壁が可愛らしい一軒家ビストロ。建物自体は15年ほど前からあるのですが、ビストロopenは去年の11月、もうすぐ祝☆1周年を迎えます!

 

IMG_8598_to

「Vin Vino」

  • Vin・・・フランス語でワイン
  • Vino・・・イタリア語でワイン

ビストロといえばお酒が楽しめるカジュアルな食堂を差しますが、どうやらワインを心ゆくまで味わえる、フレンチのお店のようですね!期待★

 

IMG_8574_to

ランチタイムは主婦層を中心にいつも賑わっているそう。予約がベターです。比較的手ごろに、でも本格的なフレンチを味わえるのが人気の理由。サラリーマンのランチより贅沢だ、って?たま~にだから許されるんです!

家族で外食の時はたいてい子どもの希望に振り回され、旦那とはオシャレなレストランに行かなーい。(主婦の声1)ので、平日の昼間に女子同士で美味しいものを頂きながら、ゆっくりと話に花を咲かせています♪そんな光景が展開するランチタイムです。

 

IMG_8583_to

オーナーシェフの岸田さん

調理師学校を卒業後、「なだ万」横浜店で修業し、都内のレストラン、ホテル、ワインバーで勤務。さらにフレンチレストランで経験を積み、地元の保土ヶ谷区で自分のお店を出しました。

はじめは和食からスタートしたようですが、さてその転機は?

シェフ岸田さん:
「なだ万で鉄板焼きのコーナーがあるのですが、そこでフレンチの技法を目の当たりにし、衝撃を受けました。ダシや醤油を使わずに、日本人にも合う調理ができるなんて!素材の旨みを引き出す独特のやり方に興味を覚えて、方向転換してしまいました(笑)」

なぜか厨房の手前にウエスターンな開き扉があり、お店の入り口からちらっと覗き見えます。逆にまた、シェフもウエスターン調の扉越しに、客席に顔を出したりしている様子。

 

IMG_8539_to

店内は開放感のある吹き抜けのつくりになっており、ビタミンカラーで元気いっぱい☆明るく爽やかな印象です。まだ新しいのでどこもピカピカ。ナチュラルで居心地がイイ。

 

IMG_8526_to

カウンター席もあり、お一人でもOK!週末はファミリーでの利用が多く、お子様の入店もOKです。ただ、子ども椅子は置かれていないのでご了承くださいね。

 

_to

鴨胸肉のロースト、ブラッドオレンジの赤ワインソース

ランチA~Cのメイン料理は「本日の魚料理、肉料理3種類、月替わりおすすめ」の5種類から選べます。一番人気が写真のお料理。ちなみに、シニア層には魚料理が支持されているそうです。

シェフ岸田さん:
「築地からその日のおススメ鮮魚を入荷しているんです。新鮮な天然ものなので素材を大事にした調理をしています。丁寧に処理するなど、和食界で学んだことを活かせています。」

 

IMG_8555_to

付け合わせの野菜ソテーは種類もさまざまに、

美しく盛り付けられています。

素材の味を大切にするというポリシーが感じられます。

 

「おおっ!フランス料理だ!」

たまには欲しい、このスペシャル感。(主婦の声2)

「家でこんなことやってらんないから!」

 

IMG_8556_to

鴨胸肉は弾力があり、噛みしめると口の中で旨みが

ギュ~ッと出てきます。

ソースはブラッドオレンジジュースを煮詰め、

赤ワインと合わせたもの。やや酸味がかって

芳醇な香りとコクがお肉に合います~。

 

IMG_8553_to

パンは外側カリカリ、中はもちっとして

なかなかGOOD。

メニューA・B・Cにつく、オードブルやスープも

かなりハイレベルな一皿がサーブされます。

ランチといっても手抜き一切ナシ!

 

IMG_8512_to

ディナー時もコースを注文する方が多いそうで、しっかり満足のいくフレンチを楽しむことができます。フランス料理って、“ナントカ産のナントカ食材を使ったナントカ風ソースのナントカ添え???”みたいに、やたらメニュー名が長かったり、難しくて想像がつかない時がありますけれど・・・

 

シェフ岸田さん:
「安心して利用していただけるように、当店ではシンプルで分かりやすいフランス料理を心がけています!」

 

敷居は高すぎないけれど、チョット特別なイベントやお祝いの時など、大切な人たちを誘って素敵なひとときを過ごしたい、そんなシチュエーションに最適なお店です。

 

IMG_8516_to

食事よりワイン!という向きには、おつまみ的アラカルトも用意されていますので~。ガンガンいっちゃってください!

 

IMG_8530_to

個人経営店ながらもワインはフランス産を中心に、シャンパン、赤・白・ロゼ、デザートワインまで常時50種類ほどそろえています。グラスワインは600円~、ボトルワインは3000円~あります。

 

IMG_8563_to

シェフ岸田さん:
「ホテルで働いていた頃、時間的に余裕ができたのでソムリエの資格をとりました。いつか自分の店を構える時がくるかもしれないと思って。ワインって知識がないと手を出せないので、その時に勉強をしておいてよかったです。」

 

IMG_8568_to

シェフの奥様が手作りしている「ワインリスト」にはラベルの写真とともに産地や特長が書かれており、説明を読みながら選ぶことができます。

 

シェフ岸田さん:
「在庫が入れ替わっても、アルバム形式だとすぐに差し替えができるので便利なんです。お客さまからも分かりやすいと好評のようで。」

 

IMG_8569_to

 シェフ岸田さん:
「それでも決められない方はもちろんいます・・・迷われたら気兼ねせず聞いてください!お好みやご予算に応じておススメをご案内します。夏前にノンアルコール・カクテルなどドリンクメニューを充実させましたので、飲めない方もぜひ。」

 

IMG_8601_to

シェフ岸田さん:
「都内を中心にあちこちで仕事をしましたが、最終的には地元かなと。自分らしさを出せる気がして・・・。地元出身の岸田という人物がやっている店だと知ってもらえたら嬉しいし、地域に根づいていける店を目指しています。」

ああ!ここでさっきのウエスターンな扉が一役買うんですね。調理している人の顔が見える安心感ってありますものね~。

 

IMG_8589_to

魅力的なお店のよう!だけどアクセスがしづらそう?

駐車場は3台分ありますが、予約時に確認しておいたほうがいいですよ!バスも通っていますが、3~4名ならタクシー利用がスマート。東戸塚駅からは約5分(1メーターくらい)だとか。駅付近の喧騒から離れ、たまには気分を変えたい時、ぜひ行ってみて下さいね。
静かに過ごすなら、平日の夜が狙い目!!!

 シェフ岸田さん:
「心をこめておもてなし致します。フランス料理とワインをゆったりと楽しんでいただければ幸いです。」

**************

Bistro Vin Vino

http://www.bistro-vinvino.com

横浜市保土ヶ谷区今井町1322-4

TEL:045-876-0355

営業時間:ランチ11:30~14:30(L.O.13:30)

ディナー17:30~20:30(最終入店)

定休日:日曜、第1・3月曜、夏季冬季その他

バス利用:東戸塚駅西口より相鉄バス「横浜ゴルフ場下」または「今井町」徒歩5分
保土谷駅東口より相鉄バス「金剛寺前」徒歩5分

Share (facebook)