戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

新しいお店を紹介☆「トロンボーン」~パン屋を訪ねて~

パンを愛するライター、自分の趣味で取材にいく!

と言ったらヒンシュクを買うでしょうか・・・てへっ(*^^)

 

戸塚駅の界隈はパン屋さんがあちこちに点在していて、良いですね〜。

事務所のある東戸塚駅周辺には少ないのです、しくしく。

アピタの近くにオープンしてもうすぐ2年、ピッカピカの新しいパン屋さん

があると知って、取材させてもらうことになりました。

 

IMG_7601_to

くねくねと住宅地の中を歩いていると、のぼりが出ていました。

戸塚駅の東口から10分くらいでしょうか。住民以外はあまり通りがからない

地域なので、まだ知られていない存在のパン屋さんでは?

 

初訪問のパン屋さんに足を運ぶときは、ワクワク!

不肖ライター、血湧き肉踊る〜♪♪♪

IMG_7691_to

お店の横に1台分の駐車スペースがあります。以前はここに販売用の車を

置いていましたが、現在はフリーになりました。

ただし車で来店する場合は、一方通行が多いのでご注意あれ!

ガソリンスタンドとスポーツクラブの間から入ってもらうとスムーズに

行かれるとのこと。

 

IMG_7603_to

住宅の1階がお店になっているようで、周辺の閑静な雰囲気にしっくり

溶け込んでいます。レンガ調の外観にドアと庇の赤い差し色が映えて、

明るい印象です。

 

出迎えてくださったのは、まだお若い店主の佐藤さん

IMG_7679_to

佐藤さんは鎌倉にある、とある有名なパン屋さん出身だそうです。

聞けば、ワタシも大好きなお店でした!

期待が高まりますね(^^)♡

 

IMG_7642_to

お店が目立たない場所にあるため、お父様が協力して移動販売に出かけて

PRしているそうです。とっても有り難い、頼りになる味方がいるんですね。

 

独立という夢をひとつ果たし、それを発展させていくには苦労も多々あると

思います。商売をやるにあたって周囲の支えは必要不可欠、1人ではやって

いかれません。そんな助けに感謝しつつ、精進を重ねておられるようです。

 

IMG_7648_to

佐藤さんが心をこめて焼き上げたパンたちがズラ~リ!並んでいます。

明るい色彩のガラスブロックが放つやわらかい光線に、輝かんばかり。

種類豊富なのでどれにしようか!?と迷う楽しみがここにはあります。

 

IMG_7612_to

天然酵母を使った身体にやさしいパンを得意とし、現在は米麹の酵母を使用。

今後はヨーグルトやレーズンなど増やしてしていきたいと意気込んでいます。

ほっこりと味わい深い表情のパン、佐藤さんの柔和な印象と重なります。

 

IMG_7618_to

定番商品のバゲットもありました。カタチが2種類です。

とても食べやすく、オリーブオイルをちょいとつけて食べるのが

いいですね。

IMG_7614_to

どんなパンが売れるか?には地域性も関わってくると佐藤さんは話します。

天然酵母系で噛みごたえのあるパンは、苦手な方もいますよね。

特に戸塚エリアでは、中高年者やお子さんが主な客層なので、

幅広い世代には、ソフトなお惣菜パンや菓子パンの方が需要が高いもの。

その辺を意識して商品のラインアップをバランスよく考えています。

 

IMG_7627_to

「ホットドック」

は、通常のスタイルではありませんが、「ベーコンエピ」をワンちゃんの「骨」

に見立てて成形し、焼き上げているようです。

店主のオリジナリティ溢れるセンスが感じられますね。

 

IMG_7637_to

なんともキュート♥ワンちゃんのカタチのパン。

くわえたソーセージが、大好きなおやつの「骨」のイメージでしょうか。

お子さんには絶対的な人気だそうで、他にもカメさん型のパンもあるのですって。

遊び心いっぱいの商品があって、夢があるな〜と感じました。

子どもたちにワクワク感を与えられるって素晴らしいお仕事です。

 

さて、色々あるんだけど一体どれがオススメなの?って声には・・

とりあえず食パンをどうぞ!

シンプルなだけにパン屋さんの力量が問われる「代表選手」といえましょう。

IMG_7663_to

自信作!まろやか食パン

練乳が特徴的な、ほんのり甘くてフワフワの食パン。お子さんからお年寄りまで

誰にもおすすめしたい食パンです。やわらか食パンって安心して食べられ、

ほんわかシアワセ気分になりますよね〜。

 

IMG_7633_to

マニア好み?パントースト

生地が至ってシンプル。小麦と塩と水だけという、バゲットと同じ生地で

焼き上げた食パン。食パンとしては生地が扱いづらいため、他のパン屋さんでは

通常あまりやっていなそう。食感はざっくりと荒めなのですが、噛むほどに

小麦の風味が感じられるので、ライター個人的にはこの手の食パンの方が

好きです。

 

IMG_7662_to

人気!パンドミシリーズ

よく売れているのが、湯種(ゆだね)製法で使った食パン。

小麦粉に通常は一定の温度の水を入れて捏ねますが、この製法はお湯で

捏ねるというもの。そのためグルテンの働きが活発になり、もちもちした

食感のパンになるんだそう。日本人ってモチモチ感が好きですもんね♡

加えて、独特の旨味が出ておいしい状態が長持ちするので、イイことづくし。

 

IMG_7617_to

庶民のド定番!

大人も子どもも大好きなメロンパンは外せません。

 

そのメロンパンにアイスクリームをはさんだ商品は隠れた人気★

IMG_7683_to

ネーミングはズバリ!!!

メロンパンアイスクリーム

脇のミニベンチで座って食べることができます。

夏季限定の予定だったのですが、学生さんやお子さんに好まれ、

もうしばらく続けてみようかな・・・と佐藤さんは嬉しそう♪

 

IMG_7639_to

お店の隅っこに、小さいイートインコーナーを用意しています。

トースターもあって気が利いていますね。でも大人には恥ずかしいかな!

お子さんにちょこんと座って食べさせる方はいるそうです。

 

IMG_7635_to

佐藤さんが大事にしていること。それは・・・

「お客さんに、安心でおいしいパンを提供すること」

 

修行時代からの知識と経験をいかして、使用する食材を厳選しています。

パン屋さんは数あれど、「トロンボーンのパンは安心して食べられるなあ!」

と通っていただけるパン屋さんを目指しているそうです。

 

ご存知の通り、トランス酸脂肪は日本では規制が緩いのですが、

免疫力が低下したり老化を早めるという研究結果も出ているようで、

摂り過ぎには注意が必要とのこと。

 

IMG_7688_to

そうそう!最後に店名の由来を聞いてみました。

「Trombone」

楽器のトロンボーン?に関係があるのでしょうか?

との予想とは裏腹に、子どもの頃に飼っていた愛犬の名前だそうです❤

あ~だからワンちゃんにちなんだ商品があったんだ!!(気づくの遅い・・・)

 

エントランスマットの愛くるしいダルメシアンがお出迎えしてくれますヨ。

かつての飼い犬トロンボーンは天国から佐藤さんの奮闘ぶりを見守っていて

くれていますよね、きっと。

 

最後になりましたが、前述の通りトロンボーンのパンは佐藤さんのお父様が

販売に協力されています。都合や天候によって不定期だそうですが、

気になる方は「巡り逢えたらラッキー♪」と思って行ってみてください。

確実にゲットしたい方は、詳しい場所など事前にTEL確認を。

 

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

パン工房トロンボーン 

横浜市戸塚区上倉田町1031-5

TEL:045-864-3308

営業:平日10時~19時、土曜日8時~19時

定休日:日曜日

〈移動販売〉

◎フォーラム:11時~12時頃 ほぼ毎日

◎川沿いのUR住宅あたり:月・木・土 16時~18時

◎矢部プロムナード:火・金 16時~18時

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

Share (facebook)