戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

家庭的な食堂「けん」でバツグンのタイ料理をどうぞ

皆さ~ん、国道一号線でこんな看板を目にしたことはありませんか?

ワタクシ主婦ライターは何年もずーっと気になっていたんです。

「アジア食材&タイフーズ けん」

なんだかアヤシイじゃないですか!!!

入り込んだらパラレルワールドかもしれない・・・

どんな料理人がいて、客層はどんなだろう?

クローズしている時も結構あるし、一体いつ営業してんの?

東戸塚駅からも微妙に距離があって、なかなか近寄り難い。

 

IMG_5417totsu

昨今のパクチーブームもあって、人気のタイ料理。

思い切って行ってみましょ。

アジアンフード好き♡な女性って多いと思うんです。

 

タイの国旗があがっている時もあるが、この日は目につかない・・・

営業は木曜~日曜の週4日らしい。う~む、謎に包まれています。

 

IMG_5413totsu

山崎製パン工場前の歩道橋を折れると駐車場があります。

狭い道なので見落とさないように注意!通り過ぎるとショックですよ~。

国道一号線をUターンして戻ってくるのは手間ですからね。

(ハイ、私・・・通り過ぎました。)

 

IMG_5408totsu

駐車場は2台分。

分かりやすく「けん」と素朴な表示が。

 

ちなみに、バス利用の方は柏尾バス亭すぐです。

 

IMG_5429totsu

外装も内装も素朴な木づくり。

ひっそり・こじんまりしたお店ながら、リピーターに愛される

隠れた名店らしい。

「ワッハッハ!!」と店内から男性グループの盛り上がっている声。

どれどれ、入ってみましょう。

 

サワディカー(こんにちは!) 

IMG_5473totsu

店主で料理人の松永さん

予想とは裏腹に、若き30代の爽やかなお兄さん。

ですが、営業をはじめてすでに11年という。

当初はタイ出身の料理人がいましたが、松永さんはその方から教わって、

現在は一人で調理場を切り盛りしています。

 

「こだわっているのは作り置きをしない事。注文を受けてから

きちんと手作りをするため、混み具合によってはお時間をいただく

場合もあります。通常はパッタイ(焼きそば)など専用のソースを

使うお店が多いようですが、自分は調味料を組み合わせて、

本場の味に近づけるよう工夫しています。」

 

丁寧な仕事ぶりが美味しさにつながり、人気を呼んでいるに違いない!

 

IMG_5434totsu

現在、厚木でパクチー栽培をしているんだとか。

 

店主の松永さん:

「パクチーの需要が増しているので、自分のお店で使う分に加えて

出荷販売もできるように力を入れていこうと思って。」

 

戸塚新聞:

「それで、営業日が限られているのですか~?」

 

店主の松永さん:

「いえ、パクチー栽培はタイ人がやってます(笑)。

(月)~(水)は現在のところ、実家の稼業を手伝っているので。

 

なんだかお忙しそうですね。めっちゃ働き者!

そういうわけで、営業スタイルは今後、変わる可能性もあるそうです。

 

IMG_5435totsu

アジア食材の販売について聞いてみましたが、

基本的にお店で使用する分が並んでいて(うまい棒も?)

ナンプラーやココナッツミルクなど、欲しい方には

販売もしてくれるそうです。

 

IMG_5484totsu

ホール担当のお母様★

とっても明るい看板娘。仕事中にBEERを飲んじゃってる!?

ワケではありません。

なぜかお客さん風にポーズをとってくれました(笑)

アットホームなサービスぶりでお客さんに親しまれている存在です。

割烹着姿が素敵すぎます(^_-)-☆

 

「“けん”っていう店名は孫の名前なのよ~。安易に提案したら、

シンプルで覚えやすいと採用されちゃったのよ~。」

 

IMG_5448totsu

 タイBEER「シンハ」と「チャン」

さっきお母様が開けちゃったけれど、オススメのBEER。

異国の料理には、その土地のBEERを合わせるべし。

 

シンハ:由緒あるタイ産BEERでコクのある苦みとスッキリした味わいが特徴。

外国人にも愛されています。

チャン:タイの象徴ゾウがトレードマーク。独特の香りでタイ料理に合う!

タイ国内では高いシェアを誇ります。

 

IMG_5441totsu

メニュー

店内には料理の写真がたくさん貼ってあるので、タイ料理初心者にも

オーダーしやすくなっています。

お昼の営業時間はサラダ・スープ・ウーロン茶がついてきて、

お得感あり(^.^)

辛さのマークもついていますが、調整してくれるとのこと。

 

・・・こんな感じで料理が並びました・・・

IMG_5465totsu

ホールのお母様:

「人気があるのは、ガパオライス・グリーンカレー・パッタイ(焼きそば)

3種類。これがよくオーダー出ますね~

お父さん(ご主人)が丹沢のおいしい湧水を汲んできてくれるから、

お客さんに出すお冷・ご飯を炊く用に使っているんですよ。」

 

戸塚新聞:

「そうなんですか。お父様&お母様に支えられ心強いでしょうね。

素敵な息子さんでイイですね~。お話を伺っていると家族愛を

感じちゃいます。」

 

IMG_5443totsu

サラダは新鮮シャキシャキ野菜がウレシイ!

胡麻ドレッシングでいただきます。

 

IMG_5452totsu

スープも優しい味わい。手作り感があります。

メイン料理が「辛い」から、途中でサラダ・スープがあると

ホッとします。

 

IMG_5445totsu

ガパオライス

タイ料理として今やすっかりメジャー級「鶏肉のバジル炒めごはん」

肉類をバジルと炒めて、ナンプラー・オイスターソースで

こっくりした味付けしたものを、ご飯に添えて半熟の目玉焼きを

のせたもの。日本で言うところの三色そぼろ丼みたいな?

 

IMG_5487totsu

濃いめの味付けでご飯がモリモリ進みます!

目玉焼きを崩して、卵液と絡めながらいただくと

マイルドになって絶品❤

 

ひき肉というより、かなり粗い形状ゆえ、噛んだときに

もぎゅもぎゅっとジューシーさがご飯と調和して、

えもいわれぬ旨さが口の中にひろがります。

 

IMG_5482totsu

グリーンカレー

イエローやレッドもあるけど、グリーンカレーが最もタイらしい一品。

こちらにも昼時はスープ・サラダ・ドリンクが供されます♪

 

店主:松永さん

「当店の特徴は、油分を控え目にしている事。多量の油で炒めた方が

もっと香辛料の香りも立ちますが、自分の好みではないので・・・」

 

IMG_5479totsu

戸塚新聞

「そうなんですか。香辛料の存在感はかなりありますけど・・・

一口食べる度に、唇や舌がピリリと痛みを覚えるくらいです!

刺激の強い辛さがたまりませんね。

確かに油っこい重さはないです。あっさり好みの日本人には

ヘルシーで食べやすい気がします。

 

そして具だくさん!おっきな鶏肉がゴロンゴロンといくつも

入っていて、筍はシャキッとした歯ごたえが活きています。

ピーマンも茄子も、程よい火の通り具合で野菜の味わいがそのまま

楽しめるところが◎

 

青唐辛子の挑戦的な辛さとココナッツミルクのクリーミーさが

混じり合ってトロリと美味しく、固めに炊かれた日本米ともマッチ。

充実した内容に大満足です。」

 

IMG_5471totsu

居酒屋的に利用できるように、タイフーズとは関係ない

フツーのおつまみ系メニューも用意されていますね。

 

IMG_5470totsu

ボトルキープする常連さんもいます。

しかし店主によれば、食事利用の女性客が8割近いとのこと。

 

戸塚区でタイ料理が味わえる専門店。

ほんのちょっぴり勇気を出して、扉を開いてみて良かった。

あったかいおもてなしと本格的な味わいに

ファンになってしまうこと確実です♪

 

また来ます、

コップンカー(ありがとう!) 

 

****************************

タイ料理 けん

横浜市戸塚区上柏尾町197

TEL:045-825-4126

営業日:木~日(定休日:月~水)

営業時間 11:30~15:00

17:00~22:00

 

Share (facebook)