戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

あま〜い♡Let’sいちご狩りin吉原いちご園

三寒四温の今日この頃。学校の春休みも間近に迫り、

子どもをどこへ連れて行こうか?と計画中の

パパ・ママさんたち、家族やママ友たちと

「いちご狩り」なんてどうですか?

 

IMG_0882_to

藤沢市との境にある、東俣野町でいちご狩りスポットがあるのです。

交通量の激しい国道1号線から車で数分も走れば、

かなり田舎いえ、のどかな風景が広がっています。

 

IMG_0883_to

狭い道をドキドキしながら車で侵入・・・

大丈夫、駐車場も完備しています。

吉原いちご園

IMG_0887_to

営業は土・日・祝日、平日はHPかTELでご確認ください。

完全予約制(10時~いちごが無くなり次第終了)

3月・・・小学生以上1800円/2歳以上小学生未満1000円

4月~5月中旬・・・小学生以上1500円/2歳以上小学生未満800円

時期や価格に関しては、いちごの生育状況により変動

することがありますので、予約時にご確認くださいね。

 

IMG_0914_to

ハウスを入った左手に受付があります。

まずこちらで会計を済ませ、説明を聞きます。

制限時間は30分一本勝負!

さあ、一体どのくらい食べられるかな?

 

IMG_0922_to

オーナーの吉原さんご夫婦

オープンして2年目というフレッシュないちご園。

かつてこの場所ではお父様がトマト園を営んでおり、

兄弟で後を跡ぐことになりましたが、

お兄さんの方はトマト用ハウスの一箇所で

いちご栽培を始めることになったそうです。

 

IMG_0921_to

平塚で大きないちご園を経営している、お父様の農業高校時代のご友人が

師匠となり、研修なしでいきなり栽培を始めたとか。

行き当たりばったり?度胸がありますよね!

師匠のもとに通いながら、また来てもらって指導を受けながら

手探り状態で、ここまでやってこられたそう。

 

オーナー

「周囲に支えられて今、いちご栽培が軌道に乗ってきました。

いちご狩りに来てくださるお客さまに満足してもらう

ことを信条に頑張っています!」

奥様

「静岡などわざわざ遠くへ出かけなくても、

いちご狩りは近場で充分に楽しめるんですよ☆

湘南・鎌倉や辻堂のテラスモールなど外出ついでに

+アルファのレジャーとして気軽に利用してほしい。」

 

IMG_0918_to

内部は整然とした印象です。

レーンごとに品種名と特徴が掲げられ分かりやすい。

高設栽培なので、立ったままいちご狩りができます。

子どもにはちょうど手が届きやすく、大人も腰への負担が少なく楽な姿勢で楽しめます。

しかーも、それでだけではありません!

 

IMG_0892_to

見よ、この広くとられた通路を。

近年増加している車椅子の方にも対応しています。

ベビーカーもOK★

土ではないので、汚れを気にする必要もありません。

時折、いちごの白く可憐な花びらが散っているくらい・・・

これが最新のいちご狩りハウスなんですね~!

 

IMG_0917_to

🌸いちご5種類🌸

当園では、5種類ものいちごを同時に生育中。

成熟状態によりレーンを開放していない場合もありますが、

運が良ければ全種類を味わうという贅沢が可能かも!

ご厚意に甘え、5種類を味見させていただきました。

 

IMG_0888_to

「おいCベリー」

市販では滅多に見かけない、最も力を入れている品種。

レーンも多くとっています。

12月は出荷販売をしていますが、赤く熟しても

傷みにくく日持ちがしやすいのもポイント高し。

ビタミンCが豊富なので美容と健康にもgood。

 

IMG_0890_to

どれ、パクパク。うわ~甘味がスゴイです!

糖度16~18というのはあり得ない数字。

今まで食べた中でも抜群の甘さです。

ストレートな甘味にファン急増。

 

IMG_0896_to

「紅ほっぺ」

やわらかく、香りの良さが人気です。

大き目で果肉ぎっしり、長円錘形が特徴。

 

IMG_0897_to

果実が舌の上でとろっとして、ジューシーです。

ぶどうのデラウェアみたいな爽やかな香りが鼻に抜けるよう。

おいしー。たまらな~い!

 

IMG_0901_to

「とうくん」

え?とうくん?って誰?と思ったら、

「桃薫」と書いて「とうくん」と読むのかー。

 

IMG_0903_to

やや小粒で色も淡い赤ですね。

ハッキリと桃の香りが立ちのぼります。

いちごなのに、桃?ココナッツ?

とっても珍しい~♪おもしろーい!

 

IMG_0904_to

「さちのか」

こちらも風味豊かな人気者。幸せな香「幸の香」と

いう意味で「さちのか」って名前だったとは!

 

IMG_0905_to

ふむふむ。

フレッシュな甘酸っぱさが、口の中に広がります。

ふわんといちごの香りに包まれ、シアワセ感UP↑

 

IMG_0907_to

「とちおとめ」

市販品でいちばんメジャーな子、誰もが知っている。

THEいちご!!!という風貌と味です。

 

IMG_0909_to

酸味も感じるし、さわやかな甘味も。

普段から食べなれた風味です。

でも、もぎたて新鮮で余計においしく感じる!

 

問題です!下の写真、品種は何でしょう?

当てた方には景品が・・・!!!ありませんが。

IMG_0894_to

艶やかな赤。答えは「おいCベリー」です。

他の果物にも共通しますが、最近の傾向としては

甘味が強い品種が好まれるよう。

酸味とのバランスや香りを重視する方もいますし、

自分好みのいちごを見つけよう★

説明を聞きながら食べ比べると、何となく違いが分かるようであり、

正直、混乱してくるんですけど・・・

とにかく、美味しくて楽しい経験になりました。

 

IMG_0929_to

ヒット商品になりそうな予感・・・

「しょうちゃん家のアイス」

オーナーの名を冠し園のいちごを贅沢に50%も使用。

保冷材はないので持参するかその場で食べてもOK。

 

お土産用のいちご販売もあり、事前予約が必要です。

 

果物狩り、価格の面ではスーパーで買って食べる方が

安いのは確かですが、それを補って余りある楽しさが

あります。

モノより思い出!

家族で、カップルで、ステキな経験を共有する。

春のお出かけにぜひどうぞ。

 

 

吉原いちご園

横浜市戸塚区東俣野町812

TEL:080-4802-4385

http://www.yoshihara-engei.jp/

 

 

Share (facebook)