戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「刺身が苦手」って寿司の旨さを知らない人にこそ薦めたい。超絶コスパの高い「すし清」

ある友人は、寿司が生臭く好きじゃなかったけどここで寿司が大好物にかわった。

ある友人は、ぜったいにはずしたくない結婚前の「両家の顔合わせ」に使った。

ある友人は、女性を口説くために使った。

ある友人は、都内勤務、都内在住なのに寿司を食べるときはここまで来る。

 

ここは、知るひとぞ知る名店「すし清」

 

 

ここに来たら、ちょっぴり奮発して絶対に「特上」を頼もう。

何故なら「すし清」の特上は特上どころの騒ぎでないくらい豪華なのだ。

それで3000円をきる値段なのだから超絶コスパが高い。

 

まず最初にでてくるのは寿司屋の看板「まぐろ」

見てほしいこの美しいまぐろを!

 

この「大トロ」がなんとしょっぱなから二貫連続で登場!

はい、どーーーん!

もうこれだけでノックアウトは必至。

 

しかも運がよければ一貫は「炙って」提供してくる。

 

もう肉よりジューシー!

大トロの脂の甘さが口いっぱいにひろがる。

 

目をつぶって舌に意識を集中して味わってほしい。

生臭さや脂臭さは一切ない。

 

それもそのはず。なんとまぐろは天然の本まぐろ!

 

天然本まぐろの仕入れ値は、モノによりけりだけど、

一般的なお寿司やさんや居酒屋でよく使われる「目鉢まぐろ」の10倍近い。

元まぐろ居酒屋の記者としては、何故この値段で二貫も出せるのか謎でしかない。

正直、自分が働いていたまぐろ居酒屋なら

この天然本まぐろの二貫だけで2000円はくだらない。

 

そして、赤貝、タイと続き。。。。

 

はい、どーーーーん!うに!!

 

角度を変えてどーーーーーん!はい、うに!!!!

もうシャリと同じくらいジェンガのように積み上げられた「うに」。

しかも、生臭みもなく、あまーーーーい!!

ここだけの話、うには特上とは別に単品として頼むと

「うに丼かっ!?」っていうくらい積み上げられます。

なぜなら軍艦が二貫あると安定感が増し、より積み上げるのができるから。

 

そして、お次は、いくら!!

これもうにと同様に山盛り!

プチプチと口の中ではじける新鮮ないくらは正に海の宝石。

ちょーうまいです。

 

それから、玉子、海老へ。

海老もまた甘くて美味しいの!

しかも頭の部分は味噌汁にして提供してくれます。

これも、海老のいい出汁がでてうますぎます。

もう旨くない訳がないです。

 

そして記者の大好きな穴子。

ふわっと柔らかくて絶品。

幸せってきっとこういうところなんだな。

噛み締めていたら、最後の鉄火巻きとカッパ巻きの写真撮り忘れました。。。。

 

なので前に取材したときに撮影させてもらった特上寿司の写真をご覧下さい。

 

特上2人前に生ビール1杯のんで、6040円。驚愕の客単価3020円!!

こんな満足してお店は採算とれているのか心配になるほどコスパが高いです。

 

気になる満腹感ですが、女性だと最後まで食べきれるかきれないくらい

普段、壱八家とかでらーめんライス食べる大食漢な記者で追加頼まなくても腹八分目くらいになります。

 

東戸塚だと寿司屋といえば、「ス○ロー」が行列できるほど並んでいますが、

これが本物の寿司です!単価もそんな変わりません。

「ス○ロー」に並んでいる人に食べさせてあげたいくらい!!

 

仕事柄、銀座の高級寿司屋とか取材した記者的にはコスパを考えなくても

銀座の寿司屋と同等以上においしいです。本気と書いてマジで。

コスパを考えると勿体なくて、もうここ意外の寿司屋さんに行きたくなくなります。

ただマスターと女将さんでやっているお寿司屋さんなので

常連さんも沢山いるし初見だと、ちょっと入り難いかもしれません。

でも何回か通っていると顔を覚えてくれるし、

ここほど落ち着くカウンターのお寿司屋さんはありません。

 

何度も通って「なじみ」になりたい名店です!

すし清

電話番号:045-821-5772

住所:神奈川県横浜市戸塚区平戸2-15-44

定休日:水曜日

 

https://goo.gl/maps/qdBce

Share (facebook)