戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

平戸果樹の里/三枝木果樹園で「みかんもぎ取り」にハマる!

どーも!いつもの主婦ライターです。

マッキーと呼ばれていた子ども時代。みかん大好きだったワタシ。

冬の間は常時みかんを箱買いする家庭だったから、いつも食べ過ぎて手が黄色かった・・・

そんな思い出とともに、足を運んだのが「三枝木果樹園」です。

 

平戸町の住宅地の中、「平戸果樹の里」には7軒の果樹園が残っています。

国道一号線からすぐアクセスできるので車でもいいし、東戸塚駅からは徒歩やバスでも。

 

IMG_4346totsu

このあたり、夏には貴重な「浜なし」が楽しめることでも知られていますね。

さあ!大地からの贈り物を楽しめる豊かなシーズン。

果樹園では柿が最盛期を迎え、続いてみかんも食べ頃に突入します。

広い敷地内にはそれぞれ約100本ずつの木が植わっているそうです。

 

今回マッキ―の目的は みかんもぎ取り★ですが・・・

チョット待った、お・あ・ず・け!

その前に柿について果樹園の三枝木さんから説明を受けました。

 

IMG_4292totsu

柿の種類は早生次郎富有で、12月初旬まで味わえます。

 

もぎ取りも可能ですが、高さがあるのでお子さんだと届きづらい上に、

素人にはおいしい状態の実を選ぶのが難しいそうです。

柿の実は一度もぎ取ってしまうと、それからは甘味が乗りづらいため、

よく熟していない実を取っても、あまりおいしく頂けないんだとか。

だからプロの方が収穫した中から購入するほうが良さそうです。

といっても、希望の方は体験できますヨ。

 

IMG_4298totsu

渋柿もあるのです。

間違えちゃダメよひどい目に遭うわよ

 

IMG_4309totsu

まだ黄色いですね。

しっかり立派に育って大きい~。

その重みで枝が垂れています。

 

IMG_4307totsu

ややオレンジに色づきましたが、まだ辛抱かな?

 

IMG_4293totsu

コレはいいんじゃない?

樹上で完熟して甘そう~(^^;

 

IMG_4341totsu

軒先で柿・みかん直売をしています。他には卸していませんよー。

柿は1kg/600円、みかんは1kg/300円

 

気になる農薬散布(消毒)について、柿の有名な産地では年7~9回も消毒するそうですが

こちらでは年4~5回におさえています。

みかんも年1~2回と少なく、スーパーの売り物のようなツルッとキレイな実にはなりません。

そこは味で勝負!?そしてもぎ取り1か月前には消毒はやらない方針です。

 

収穫を良くするために、木の剪定・摘果や受粉、袋かけ(網張り)など・・・

日々の作業は目の回るような忙しさ。園内を普通の状態に保つことだけでハードワーク。

手を抜けばたちまち荒れてしまうそうです。

住宅地の中に位置し、近くから富士山を望む場所もあって、この界隈を散歩コースに

している人も多いんだとか。キッチリ整備するよう気を遣うのですね。

 

IMG_4320totsu

(左)とみかん(右)

 

きちんと通路があって急勾配でもないので、小さなお子さんでも歩けます。

柿の木に比べると、みかんは丁度もぎ取りやすい高さです。

どちらも食べ放題ではないので、入場料は不要。

もぎ取った分だけ計量して購入するスタイルです。

 

IMG_4311totsu

~11月初め頃の様子~

まだ緑がかっていますが、中旬~になると、さらに熟して色づき、甘味も増してくるそうです。

これからの時期はみかんのもぎ取りにうってつけ!

 

IMG_4326totsu

もぎ取り用のハサミとビニール袋を手渡されました。

ウキウキ・ワクワク!

 

しかし安易に浮かれていてはいけません。

このハサミは意外に鋭利なので、ケガをしないように注意が必要です。

小さなお子さんが使う場合は、親御さんが見ていてあげてくださいね。

 

IMG_4312totsu

ライター:うっひっひ(笑) どの子をもぎ取っちゃおうかなぁ~。

オイシイみかんの見分け方。

  1. 色が濃いほうが熟している
  2. 日当たりが良さそうなところに生っている
  3. 平たい形で、皮に張り・弾力がある

不思議と木によって味が違うので、それぞれの木から取ってみるのもいいかもしれません。

また、木の上部は栄養が行き届きにくく、下部は日光が当たりづらいので、

中間あたりがオイシイみかんの狙い目といえるでしょう!

 

IMG_4327totsu

目ぼしいターゲットを見つけたら、すぐさま歩み寄る。

 

ライター:ふっふっふっ、いい子を見つけたぞ。私のモノにしてやる~!

みかん:え~ん、可愛がってねー。

 

それ、チョッキン!!!

IMG_4332totsu

嬉しいな~♡

自分で選んでもぎ取ったみかん。愛おしさが湧いてきます。

大事にいただこうっと!

 

IMG_4334totsu

急に雨が降って来たので、これにて終了なり~。

楽しいから、もうちょっとやりたかったけど・・・。

どうせやるなら、晴天の日を選びましょうネ。

 

IMG_4340totsu

受付けまで戻って、重さをはかってもらいお会計。

 

三枝木さんによれば、週末は家族連れを中心に、父母会や町内会のグループ利用も多く、

平日なら保育園・幼稚園などにも人気のスポットだそうです。

歩いてすぐのところに「豊荘」という町内会の施設があって格安で借りられるため、

お弁当休憩もいれてのんびり過ごすことができます。

あるいは少人数なら、三枝木果樹園の敷地内でお弁当を広げても大丈夫です。

 

IMG_4287totsu

ひとつ味見させていただきました。

11月始め、まだ酸味が結構ありますが、味が濃くてジューシー!

酸っぱ美味い❤&風味がよいです❤

Sサイズだから、皮も薄くて食べやすいですよー。

 

ちょうどご近所さんが柿を求めて・・・

「いつも買いにくるんだけどね。やっぱり新鮮でおいしいのよ。

ここを知ると、もうスーパーでは買えないわ~。」 

 

IMG_4350totsu

・・・もぎ取りは予約制・・・

10時~15・16時頃までを目安に、状況をみながら予約を受けています。

興味のある方は問い合わせてみてくださいね。

 

地方発送もやっており、贈答用の柿はもちろん浜なしも需要が高いそうです。

次回は浜なしの取材をしたいなー。

 

不在の場合は入り口付近に置いてある自動販売機で、

柿・みかんを購入することができます。この日はたまたま里芋も売っていました。

 

IMG_4353totsu

横浜市の農業専用地区「平戸果樹の里」

横浜市環境創造局のHPによれば・・・

「都市農業の確立と都市環境を守ることを目的とした、横浜市独自の農業振興策です。

集団的な農地等を農業専用地区に指定し、農業振興策を実施することにより、

農地の保全を図っています。」

 

略して「農専」(のうせん)の目標は・・・

  1. 新鮮な農作物を市民に供給する
  2. 地域の自然や田園環境を保全する
  3. 災害等から市民を守る防災空間となる

三枝木さんは語ります

「農専だと減税措置がとられたり、農業振興策が受けられます。

宅地にして売ってしまうほうが楽ではありますが、この緑の環境をできるだけ残したいですし、

30代の娘が後継者としてやっていく予定で、欲張らずに細く長く続けられればと思います。」

 

 

家族経営で、こじんまり、でも懸命に果樹栽培に取り組んでいる三枝木果樹園。

こんな素晴らしい環境が近くにあるのですから、もぎ取り体験がてら訪れてみてはどうでしょうか。

 

 

三枝木果樹園

横浜市戸塚区平戸528
TEL:045-822-3309
営業時間:10~16時くらい
不定休

Share (facebook)