戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

俣野公園プレイパークで思いっきり子どもと遊ぼう!

ああ、気持良いシーズンだなあ♪ 行楽の秋ということで、お出かけされる方も

多いのではないでしょうか。安・近・短の手軽なスポットといえば?

そう、公園です!

やって来ましたのは、ドリームハイツのお膝元にある俣野公園

毎月第2土曜に「プレイパーク」という特別イベントを開催しています。

IMG_8698_to

  「プレイパーク」のモットーは‘自分の責任で自由に遊ぶ’

特定活動非営利法人「横浜にプレイパークを創ろうネットワーク」は2002年に

発足しました。横浜市の支援を受けつつ、地域の大人たちのボランティアにより

市内約20か所の公園で運営されています。活動内容や日数は区によって差があり、

さかんな場所では月10回以上も開催され、近所の子どもたちの遊び場として

すっかり定着しているようです。

子どもの時にプレイパークで遊んで育ったよ!という方もいるかもしれませんね。

 

IMG_8683totsu

戸塚区のプレイパーク代表:関さん

「俣野公園では始まって3~4年・月1回ペースでやっています。

もっと増やすためにはボランティアスタッフの人手が必要です。

場所も戸塚の僻地?と言われる泉区との堺なので、ちょっと不便でしょうか。

それでもクチコミで区内のあちこちから親子連れが来てくれて、参加者は

だんだん増えています。

お子さんの多い東戸塚近郊でも開催できるといいのですが、場所や人手など

を考えると難しいですかね~。」

 

IMG_8689_to

くつろぎコーナー

関さんは、隣接する「おやこの広場 ぽっぽの家」(泉区)という育児支援所にも

在籍され、プレイパークではテントを設営して主に乳幼児&保護者が安心して

過ごせるスペースを提供しています。

 

IMG_8685_to

こちらでは紙芝居や大型絵本の読み聞かせ・手遊びなどが行われたり、

お弁当を広げてのんびりすることもできます。

 

IMG_8695_to

水遊びコーナー

ブルーシートの上で、好き勝手に水遊び。子どもって水遊びが大好き!

 

代表:関さん「ここは整備された芝生なので、キレイですね・・・

他のプレイパークは自然を残した公園の造りだと、もっとワイルドに

文字通り泥んこになれます(笑)。

どちらか言うと、小さいお子さん向きかもしれませんね。」

IMG_8760_to

シャボン玉コーナー

シャボン玉ってなぜか癒されませんか。

大人もついつい童心にかえって遊んでしまう。

夢中になっている人、いましたよ~。

 

IMG_8721_to

ウチワの骨組みを使えば、超ダイナミックなシャボン玉ができるんですよ★

やってみたいでしょ!?

 

IMG_8716_to

工作コーナー

子どもとどうやって遊んでいいか戸惑うパパには、助かる工作キット・・・

 

IMG_8705_to

清光社・奈良造園土木共同事業体の皆さんがボランティアの一環として

工作の指導にあたっています。工作苦手なパパ・ママも安心して参加して下さいね。

もちろん子どもだけでもOK。

IMG_8709_to

いろいろな材料や道具が揃い、参加費は無料というから嬉しいかぎり。

毎回2種類のグッズを用意しています。

(年齢によって選べるように難しいバージョン&簡単バージョンです。)

季節によってテーマを変え、夏はウチワ・風鈴、クリスマスは飾り等・・・

 

IMG_8706_to

本日は、やじろべえ&動物のスタンド。

上手にできたかな?

 

IMG_8713_to

ブランコ

ロープの達人プレイリーダー(後述)がロープで自作するもの。

順番に譲り合って使いましょう!

青空に向かって大きくスイングすれば、気分はアルプスの少女ハイジか、

はたまたターザンか・・・

 

IMG_8728_to

ハンモック

子どもなら2~3人は乗れます。奪い合い必至!?

アウトドアブームで最近はオシャレなハンモックが売ってますよねえ。

いいなあ、憧れのハンモックが自宅の庭にあったら!

(※注意)ここは子ども優先だから、大人が占領してはいけません。

 

IMG_8722_to

モンキーロープ

プレイリーダーが慣れた手つきでスルスルとロープワークで設営してゆきます。

 

では、先ほども出てきたプレイリーダーとは?

 代表:関さん「遊び場の道具や素材の準備、遊具の配置などを工夫するだけでなく、

子ども達の気持ちを受け止め、一緒に考え、求めに応じて知識を伝えるなど、

子どもの自由な遊びと育ちを見守っています。また、ケガや事故などのトラブルにも

臨機応変に対応するなど大きな役割を担っています。」

 

横浜市のプレイパークで活躍しているプレイリーダーのうち、この日はケイさんと

甲斐さんが来ていました。2人とも明るい笑顔の好青年。良き兄貴って感じで

パワフルに子どもたちと遊んでくれる頼もしい存在です。

 

IMG_8749_to

モンキーロープ、やったことあります?

チャレンジしているのは小学生★常連さんのようで、プレイリーダーと仲良く話し

ながら、ロープ渡りをしていきます!あっぱれ!

ライターも挑戦してみましたが、バランス感覚がないのか、単にトロイのか

おっとっと~わっ、コワ~い!⇒どすん、見事に落下

IMG_8730_to

特別企画をやる場合もあり、この日は8月に行った「パークは僕らの秘密基地

プロジェクト」で作ったテントとテーマソングのお披露目。

とっても賑やかでカラフルで楽しいテントが飾られ、予想以上の出来栄えに、

代表:関さんの目もウルウル・・・みんなでひとつのモノを作り上げるって素敵♡

IMG_8733_to

N.U.さんが登場☆

横浜を中心に活動しているフォークデュオの庭瀬さんと宇田さん。

8月のイベント参加者みんなで考えたフレーズを歌詞に組み込んでくれて、

作曲も担当して下さいました。

IMG_8738_to

曲は「みんなのプレイパーク」

9月27日(日)山下公園で行われた「ヨコハマアコースティックフェスティバル」

でテントと一緒に正式に発表されたようで、今日9月12日(土)はそれに先駆けて

ライブが聞けたんですね。参加した方、ラッキーでした♪

IMG_8742_to

ギターとタンバリンの演奏とともに、歌い上げるN.U.さん。

晴れた青空のもと、ファミリーコンサートですか・・・

めっちゃ平和だなあ。

 

IMG_8766_to

ラストには竹や手作りのシャカシャカを振ったりして、親子も参加。

シンプルなメロディにのって、一緒に合唱を楽しみました。

IMG_8726_to

とてもよく整備されて過ごしやすさが魅力の俣野公園。

 

代表:関さん「手つかずの自然の中でなら遊び道具がなくても

子どもたちは工夫してオモシロイ事を見つけます。ここでは、

ある程度の道具も用意していますが、遊びをどう展開させていくか、

あくまでも子どもたちの自主性を尊重しています。

このプレイパークの特長は、地域住民のつながりでしょうか。

ドリームハイツを主体とした近隣の仲間達が地域への愛情をもって、

住み心地を良くしていこうとずいぶん前から活動しています。

そのネットワークは大事なものです。仕事や子育てに一段落した方々の

支援の手があると、このプレイパークだってもっともっと発展してゆける

可能性があります。」

 

というわけでお仲間募集中!遊びにくるだけでも歓迎!

自然の中で子どもと戯れてボンヤリ過ごすのって、気分転換になるんです。

緑に包まれた空気と風が、大人の心も癒してくれますヨ。

毎月第2土曜☆俣野公園プレイパークに集まれ~(*^^)v

 

主催:俣野公園プレイパーク、精光社奈良造園土木共同事業体、

横浜市緑の協会

応援して下さる方々:近隣小学校、大正地区青年指導員、体育指導員、

横浜市子ども青少年局、横浜市環境創造局、YPCほか

後援:市・県営ドリームハイツ自治会

俣野公園:戸塚区俣野町1367-1

交通案内
JR・地下鉄「戸塚駅」西口戸塚バスセンター2番から「ドリームハイツ」行
または「俣野公園・横浜薬大前」行にて「俣野公園・横浜薬大前」下車
お問合せ
俣野公園事業所 TEL:045-853-2400
関連駐車場
俣野公園駐車場

 

 

Share (facebook)