戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

関内からお引っ越し!「らーめんオハナ」もう食べた?

‘ラーメン激戦区’になりつつある戸塚駅まわり。

オハナグループが関内の店舗を閉じて、8月に戸塚に移転してきました。

目立たない通りに位置していますが、駅西口からトツカ―ナを抜けてスグ。

周囲にはゲームセンターやパチンコ屋などがあります。

現在のところ無休かつ通し営業なので、空腹を抱えたラーメン好きには

使い勝手がよさそう。

 

らーめんオハナ

IMG_0403totsu

「いらっしゃいませっ!」と勢いよく出迎えてくれたのは、

眼光鋭いお兄さん。いかにも貫禄があるというか。

あの方がインタビュー相手か!?緊張するなぁ。しかし・・・

戸塚新聞の取材の旨を伝えると、奥へ店長を呼びに行ってくれました。

あれっ?違う方なのね・・・。(勝手に勘違い)

 

IMG_0400totsu
出てきたお兄さんは、一見あまりラーメン屋の店長っぽくないのですが、

(注意:人を見かけで判断してはいけません。)

帰るお客さんの背に向かって、「ありがとうございました!」と声をかけて

見送っていた姿に、誠実さと一生懸命さを感じました。

イイ声だったなぁ。

 

IMG_0370totsu

ドア付近の券売機でチケットを購入します。

オハナグループは元厚木・藤沢にも店舗がありますが、

それぞれに異なるコンセプトのラーメンを提供しているようです。

ここ戸塚店では豚骨ベースのラーメンを出しています。

 

IMG_0373totsu

その脇にOPEN記念のサービス券が置いてありました♪

ぜひまた来てね❤ってことで。

 

IMG_0380totsu

店内はまだ新しくて清潔感がありますね。

カウンター10席とテーブル2席。

奥には製麺室もあります。

 

 IMG_0390totsu
☆製麺室を特別公開☆

ドアを開けるとヒンヤリとした冷気が漂ってきました。

そうか、温度と湿度を保っているのですね。

 

IMG_0363totsu

ちょうど従業員さんがダマ状の生地をを平たく伸ばす作業をして

いるところでした。製麺機が稼働しているところは初めて見ましたが

さすがに業務用は迫力がありますねえ。

 

IMG_0386totsu

戸塚新聞:「自家製麺をやるのって手間もコストもかかるのでは?」

 

店長:「手間はかかりますが、自分の理想の麺を作れるのが何よりイイです!

また、同じ材料・やり方で作っても、仕上がりが違ってくるところに

面白味を感じます。コストは仕入れた方が安い時もあるし、そうでない

時もあって、一概には言えないんですけどね。」

 

そんなこんなで見学している間に用意して下さったのは・・・

IMG_0290totsu

豚骨らーめんに豪華トッピングを乗せた

特選豚骨らーめん

きゃ~❤おいしそうなルックス。

 

IMG_0291totsu

ラーメンの知識ゼロな主婦ライターによる実食レポート。

ド素人丸出しのコメントでゴメンナサイ!っと

はじめに断っておきますね・・・

なにはともあれ、 いただきます♪

 

IMG_0310totsu

【自家製の太麺】

完全な円形でも平打ちでもなく、ちょっと平らな感じで、

スープに絡みやすい。豚骨っていうと細麺のイメージですが、

これはスープに合ってます!

 

IMG_0304totsu

やや色白でムチっと固めのゆで具合ですが、

喉の奥へつるりと素直に吸いこまれてゆきます。

おお!おいしい麺だ♪ 食べごたえアリ。

 

IMG_0389totsu

麺は2種類

細麺・・・赤らーめん(ピリ辛)、黒らーめん(黒マ―油)、しなそば

太麺・・・豚骨らーめん、つけめん

 

ちなみに、つけめんの場合は大盛りまで無料

非常に良心的!採算があうの?

しかも、特盛3玉なんてオーダーする人いるのでしょうか。

炭水化物とり過ぎ!!

 

そして通常のラーメンをオーダーすると、嬉しいサービスが。

もやしが2倍まで無料で増量でき、オーダーの時にちゃんと

店員さんから聞いてくれます。

 

IMG_0325totsu

海苔が4枚もあって嬉しいなあ♡

フニャフニャにならないうちに、麺をくるりんと包んで

食べちゃおうっと。

 

IMG_0343totsu

【スープ】

こってりー&とろりと濃厚!そして味は濃い目かな!

背油が浮いてやや白濁していますが、博多の豚骨よりマイルドな印象です。

舌触りまろやかで、素材の甘みと旨みがギュギュッととじこめられているよう。

 

説明によると「二段熟成製法」をとっているとか。

普通ラーメン屋ではやらないもので、蕎麦屋などで

使われる製法だそうです。

醤油・みりんをゆっくり混ぜていったん寝かせたところに、

ダシとなるエキスを合わせて丁寧に熟成させます。

 

IMG_0339totsu

店長:「豚肉の臭みが出ないように特にこだわって仕上げています。

スープは長時間煮込めばいいワケでもなく色々なやり方があって、

うちでは非常に強い火力でガーッと短時間で煮ます。

使用している寸胴鍋は底部分がギザギザになっていて、

熱伝導がいいんですよ。そして少し置くことにより、

カドがとれて丸みのあるスープになってくれます。」

 

IMG_0334totsu

オハナグループでは、とにかく自家製にこだわっているそう。

高級な材料を使えば、確かにイイものができるかも知れない。

しかし、その分が値段に反映されてしまう・・・。(それも困る!)

なるべく安くお客さんに出せて、全体的にバランスの良い仕上がり

になるよう計算して編み出された1杯なんですって。

 

その中でも特筆すべき・・・

IMG_0293totsu

チャーシューが旨いってこと!

IMG_0299totsu

フツーの豚バラ肉だそうですが。

1枚が分厚いので、満足感がありまっす!

お口の中で脂身と赤身が適度に混ざり合って、いい塩梅。

トロンと溶けてスグ無くなってしまうのは淋しいけれども、

このチャーシューはしっかりとお肉の美味しさも味わえます。

 

IMG_0362totsu

食べ終わると、「Ohana」の文字が出現。

 

最後のポイント★は後味が良かったこと!

イヤ~な感じの化学調味料の味も残っていないし、

ギトギトしつこい脂っこさも残っていない。

お口直し不要なラーメンって珍しいのでは?
IMG_0378totsu

戸塚新聞:「ご自身はどんなラーメンがお好きですか?」

 

店長:「栃木県出身なので、根底にあるのは佐野ラーメンですかね。

しなそばみたいな醤油系ラーメンが好きです。これまで東京や名古屋

など違う地域でも修業したのがイイ経験になってます。ラーメンは

ジャンルがたくさんあってホント飽きません。」
IMG_0367totsu

B級グルメとはいえ、立派な日本の食文化として世界各地で

人気を博しているラーメン。好みってそれぞれですよね。

皆さんは何系が良いですか?

やっぱり土着の横浜人には家系が一番愛されているのかな?

でも地方出身者も多いこのエリアでは、家系以外の選択肢も欲しいもの。

「らーめんオハナ」は愛好家に受け入れられ、ここ戸塚の地に根づいて

くれるでしょうか。

 

取材も終わって帰り際、カウンター超しに店長とごあいさつ。

丁寧に見送って下さると何だか嬉しい気分です。

こちらこそ、ありがとうございました!

 

らーめんオハナ

住所:横浜市戸塚区戸塚町4023

TEL:045-881-0782

営業時間:月~土 11:00~23:00

日~月 11:00~22:00

URL  https://www.facebook.com/ohana.totsuka

twitter:@ramenohana

 

Share (facebook)