戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【旅するmocoカフェ】スイーツ好き必見!優雅すぎるフランス菓子店がOPEN

旅するmocoカフェ

~2017年6月24日OPEN~

「フランス菓子といっても高級すぎず、

誰でも気軽にケーキを楽しめるように・・・」

と店主が一人ではじめた小さなケーキ屋さん。

 

スイーツ好き主婦ライターが、公私混同!?

ニューフェイスを紹介するという使命のもと

取材に向かいました♪♪♪

 

IMG_6904_to

オーロラシティから環状2号を越えて、

農園や平戸小のほど近く、落ち着いた

住宅地にひっそりとお店があるのです。

 

以前はネットショップでの営業でしたが、

自宅を改装して対面販売のお店をスタート。

情報誌「戸塚新聞」9月号に掲載されてから、

お客さんが急激に増えたとか。

売り切れ閉店の際はご容赦くださいとのこと。

 

IMG_6913_to

モコ猫の看板をたどっていくと、

それらしきお店を発見。

あ、ほんとに普通のおうち。

でも、とってもステキなおうち。

 

_MG_7065_to

どんなお店かな?はやる胸をおさえて

階段をのぼります。心臓ドキドキ。

(※運動不足のせいではありません)

 

門扉は勝手にあけて大丈夫かな。

ピンポーン♪は鳴らさなくていいかしら。

 (※不審者ではありません)

 

_MG_7060_to

居住者用とは別の乙女チックな白いドア。

少しためらいながら開けると・・・

 

_MG_7077_to

フランスの片田舎にあるお店に

迷い込んでしまったみたい!?

 

この奥で店主がじっくりとフランス菓子の

世界を創りあげています。ただもう純粋に

ケーキに向き合って楽しむための空間。

 

余裕がある時なら、店主とお話ができるかも。

お菓子づくりのアレコレを聞くことが

できれば、一層美味しく頂けるというもの。

 

_MG_7093_to

フランス好きが高じて

店主は高校時代のケーキ屋さんでのアルバイトをきっかけにフランス語を勉強。フランス人の先生のお宅でフランス菓子を作る機会があって、すっかりフランス好きに。大学卒業後、かの有名な「ル・コルドン・ブルー」にて製菓を学び、湘南の人気ケーキ店で経験を積みました。

その後はいろいろな事情からしばらく業界から離れていましたが、いつかお菓子教室を開こうと、有名パティシエの本を参考に独学していました。自分のお店をもちたいけれど・・・という想いをずっと心に秘めながら。

 

_MG_7050_to

洗濯物を干す場所が・・・

結婚して現在の住まいには陽当りのいいテラスがありましたが、主に洗濯物を干す場所になっており、それではもったいない!と。一念発起して自宅を改装し、カフェスペースを設けることになりました。

それまでは「お菓子のアトリエ」という構想で、お菓子づくりを教えたり、注文に応えるかたちで営業しながら、実店舗OPENに向けプランを練ってきました。独学で研究を重ねながら、常に理想は高くもち、自分の納得がいくものに仕上がるまで、お菓子づくり&お店づくりに真摯に取り組んできました。

 

_MG_6917_to

「自分が食べたいケーキを・・・」

厳選した素材を、卓越した技と工夫と、何より愛情こめて、ここでしか味わえない魅惑のスイーツにしあげています。
お話を伺っていると、一人でやれる範囲で最高のものを提供したい!という店主の静かなる情熱が伝わってきます。商品はもとより、店内すべてに細やかなこだわりが。材料はもとより、インテリアから仕事道具にいたるまで、よくよく考えて厳選。

 

IMG_6923_to

ちなみに食器はイッタラやウエッジウッド

をセレクト。イートインのお客様には

コーヒーか紅茶を出していますが、

サービスとは思えない高級なセッティング

で頂けるので、気分も上がります。

 

_MG_7092_to

イートインスペース

テラス越しに緑をのぞむカウンター席4つ。

静かなエリアなので、BGMを聞きながら

ゆったり気分で過ごすことができます。

 

なんぶん小さなお店なので満席のことも。

おひとりの男性もWELCOMEです。

 

_MG_7001_to

季節を感じて

毎朝ご近所の柴田農園から、収穫したばかり

の新鮮フルーツがとどきます。

みずみずしい大地の恵みをいかして、

季節ごとのケーキをつくります。

  • 右奥:ブルーベリーのタルト
  • 左奥:葡萄のショートケーキ

ラインナップはチョコ系など定番ものに加え、

その時期ならではの季節のケーキをいくつか。

 

_MG_6948_to

【モンブラン】

フランス産の濃厚なマロンペーストを

一本絞りで渦巻状に。

内側にはホワイトチョコレートと

生クリームをあわせたフレッシュな

白いクリームが詰まっています。

さらに大きな栗の渋皮煮がゴロンと

一粒でてきて、いちばん下には、

あっさりしたクリームチーズタルトがサクッ。

 

_MG_6951_to

気品さえ感じられるモンブランの姿。

マロンペーストが途切れないよう形も整うよう、

店主は夜中に何度も絞る練習をしたそう。

 

栗をたっぷり堪能できる、秋を代表するケーキ。

今のうちにぜひ♥♥♥

 

IMG_6927_to

【マンゴーのショートケーキ】

夏季限定でしたが(今はブドウをどうぞ)

ショートケーキのスポンジが美味!

ふわっとキメが細かく、なめらかで。

生クリームもこれまた美味!

上質な材料で、フレッシュ&ミルキー。

 

よぉく見てください!

スポンジが薄く薄~く切ってあり,

かなりの技術が必要だそうです。

スポンジ部分が薄いので、口に入れたときの

生クリーム感とフルーツ感が半端ないんです。

 

_MG_7018_to

【サバラン】イートイン限定

ラム酒がほのかに香る、大人気分のデザート。

 

専用型で焼き上げた生地にシロップが含ませてあり、

ザックリ粗い生地はよくシロップを吸い込みつつ

フニャフニャと崩れることはありません。

  • 〈左〉デザートワイン
  • 〈右〉アプリコットリキュールとラム酒のブレンド

ガラスの器に別盛り、お好みでかけて召し上がれ。

 

レアチーズ(チーズとホワイトチョコレート)

季節のフルーツも添えられて、芸術的な一皿に☆

 

_MG_7028_to

焼き菓子コーナー

お土産やプレゼントに最適です。

ご自身がずっと温めてきたデザインの紙袋

(イートインスペースの写真にうつってます!)

&包装紙にも、モコ猫があしらわれていて

とてもキュート★

 

_MG_7038_to

左上から・・・

  • 和三盆糖のスノーボール
  • モコ猫サブレ
  • ヘーゼルナッツのフィナンシェ
  • 和三蜜糖のマドレーヌ

 

〈ホールケーキ予約販売〉
オーダーメイドのバースデーケーキはいかが?
約1か月前の予約が必要で、白いデコレーション
またはピンク色のデコレーションが選べます。
サイズやご予算など詳細はお問合せください。

 

_MG_7044_to

モコ猫サブレ60

このコ、かわいいだけじゃないんです。

ゲランドの塩がアクセントとなって、

甘さとのバランスが絶妙!!!

サクサク食感でやみつきに。

10枚以上ご購入の場合はご予約ください。

(*主婦ライターは買って帰ったら1枚だけ

尻尾が割れてしまい、持ち運び注意です…)

 

_MG_7071_to

ここでは、つい2個オーダーしてペロリの

ザ・甘党主婦ライター。だって!コーヒーが

サービスなので、そのぶんケーキが食べられる・・・

 

「私も2個がキホン。1個じゃ足りませんよネ!」

と、店主も同感してくれました。

あ~ヨカッタ。「旅するmocoカフェ」

ではこれからも2個ずつ食べようっと。

季節が巡る頃に、また来なきゃ★と

思いを強く持ち、お店を後にしたのでした。

 

「旅するmocoカフェ」

店主の個性が光る新たなケーキ屋さんができ、

東戸塚での甘くシアワセな日に期待大です♥

 

***************

旅するmocoカフェ

住所:横浜市戸塚区平戸町772-1

TEL:080-1013-6005

営業時間:10~17時

定休日:火・水・木曜

詳しい道案内(写真付き)は下記URLからアクセスしてください。

http://moconico.exblog.jp/27835791/

Share (facebook)