戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

今日は蕎麦飲みに決まり!「手打ちそば呑み処みず野」で粋な大人の時間を・・・

はい、主婦ライターです。

 

日頃から通りかかっているんだけど、

ちょっと気になっているんだけど、

機会がなくて入れずにいるんだけど、

というお店ってありますよねー。

 

そんなお店に突撃しちゃうコーナーです。

 

IMG_8480_to

なにはともあれ、きちんと連絡をしてから伺いました。戸塚では有名なモリ・フルーツさんの道路を挟んで向かい側にあります。

手打ちそば呑み処 みず野

主婦ライターの出没スポット戸塚図書館に行くときに通りかかりますが、なにぶん女子ひとりでは入りづらい・・・とスルーしていました。

 

IMG_8474_to

敷居が高いような老舗ではありませんが、蕎麦のおいしさには定評があるという。気軽な雰囲気の中でいただけるこだわりの本格手打ちそば、楽しみです!

 

IMG_8455_to

店内は思ったより広々としてキレイ。白×濃茶の配色がモダンで、洒落たてぬぐいの額装が飾られ、蕎麦屋に見えない!ランチタイムは蕎麦+丼もののお値打ちなセットが人気で、サラリーマンを中心に常に混雑しているようです。

 

IMG_8450_to

窓辺がカウンター席になっており、女性一人客でも入りやすい雰囲気です。

 

IMG_8473_to

和食出身のご主人

ご主人は秋葉原にある「ふぐ・うなぎ」をメインとした日本料理のお店で働き、それから「川せみ」という蕎麦屋にて修行。もともと蕎麦が好きで、独立したいとの思いがあったそう。出身は川崎ですが、東戸塚に引っ越してきた後に土地を探し、再開発真っ最中の戸塚駅西口近くで2008年にお店を出しました。

 

IMG_8463_to

ご主人:「17年たちますが、模索しながらも何とか落ち着いてきました。蕎麦だけでなく、おいしいお酒とともに一品料理も楽しんでもらいたいですね。既製品は使わずに手作りにこだわっています。」

 

主婦ライター:「おつまみ類も多いです。和食の料理人だったからなんですね。」

 

ご主人:「もともとやっていたのでね。うなぎも自分でさばいているんですよ。マグロの藁焼きなんかもウマいですよ。京都から無農薬の藁を取り寄せて、自分で焼くんですが。」

 

主婦ライター:「うわ~ソレおいしそう!本格的なお料理が頂けるんですね。どんなお店を理想とされていますか?」

 

ご主人:「いいものを、いい状態でお出しする・・・かな。イロイロやりたいことがあるんだけどネ。」

 

実直&にこやかにお話してくれるご主人でした。

 

IMG_8458_to

新そばの収穫は年2回

新そばといえば〈秋〉と思いがちですが、〈夏〉の新そばもあるんですね。産地ごとに収穫の時期は異なりますが、同店では栃木・群馬・福井・北海道などから順繰りに仕入れているそう。

ご主人:「生育状況に左右されますから、そば粉の良し悪しは届いてみないと分からない。こればっかりはどうしようもありませんね。年度や産地によって色や風味や甘みなど全然違いますよ。」

そこは「そば打ち」職人の腕の見せどころ!仕入れたそば粉の状態をみながら、香り・のど越し・食感の良さなどを引き出し、美味しい蕎麦にしていくのですね~。ちなみにランチセット用蕎麦のみ、そば粉は国産と外国産のブレンドを手ごね&機械打ちしているそう。

ご主人:「そばは手でこねるのが一番肝心な作業ですから、そこはきっちりおさえて、ランチ対応のため機械も併用しています。」

 

この時期のおススメをご用意いただきました。

IMG_8481_to

生桜海老かき揚げせいろ

ご主人:「国産そば粉を用いて手打ちした自慢の蕎麦。是非ご賞味ください。」

ツヤツヤとした透明感。見るからにおいしそー。蕎麦の旨さには定評があるというのも頷けます。そして運ばれた瞬間から、かき揚げの香ばしい香りが鼻腔を刺激します。

桜海老は漁が解禁になる春と秋の年2回が旬の時期。仕入れは漁獲量に左右されるので、お店で提供される期間はハッキリとお伝えできませんが、とりあえず今はあります!好きな人は毎シーズン楽しみにしているのだとか。

 

IMG_8492_to

まず、塩で食べてみる

ヒマラヤ岩塩(ピンクソルト)をすり鉢で細かくすったもの。
粒子が粗いと塩辛さを強く感じてしまうので、
サラサラの状態になっています。

これは初体験だ!!!

ホントに合うの~?疑心暗鬼で塩を振りかけて頂く。

なんと、絶品。

蕎麦の風味がストレートに、より際立つ。
めっちゃ合うではないか!

クセになりそう♥

 

IMG_8491_to

お次は塩+すだち

とてもサッパリ!この組み合わせも絶妙。

すだちがない時期はカツオ塩などの

変わり塩が出される場合も。

 

IMG_8482_to

続いて、つゆで

つゆには鰹節や鯖節をたっぷり使って、

しっかりダシをきかせた濃いめの仕上がり。

ぷわ~んとイイ香りが漂い、ズルズル。

日本人でヨカッタなあ!

と思う瞬間です。

化学調味料を使わないのが信条。

 

IMG_8488_to

かきあげ

静岡は駿河湾の特産「桜海老」

身がぎっしり詰まって、食べ応えアリ!

サックサク!

濃厚な旨みと香りがドッパーンと

波のように舌先から押し寄せてきます~。

 

IMG_8459_to

粋にそば呑み

ぶらりと立ち寄り、軽く飲んで。居酒屋ではないので酔いつぶれるまで飲んだり、長居するのはご法度。適度に楽しんだところでひらりと店を出るのがいいのかも。「そば前セット」はお昼からやってますが、ランチのお客さんでてんてこ舞いの際は多少お時間がかかります~とのこと。

 

IMG_8504_to

そば前セット

蕎麦屋ならではのシンプルで旨い肴、厳選された酒、手打ちの〆蕎麦で、蕎麦呑みタイムを満喫すべし!

IMG_8495_to

まぐろの刺身とタコのトマト煮

新鮮な良い食材を横浜市中央卸売市場本場で仕入れ、繊細な職人仕事で舌の肥えたお客さんをおもてなし。

 

IMG_8497_to

かき揚げ

干しエビ+季節の野菜4種(人参・茄子・ピーマン・かぼちゃ)はカリッと歯ごたえよく、それぞれの素材の味が活きています。良質のごま油を使用しているため風味よくカラッと揚がるんだそう。

 

IMG_8508_to

そば焼酎 十割(とわり)

独自のそば麹を使用することで、そば原料100%の焼酎が実現。そば本来の香りと味わいを引き出した逸品。

 

ご主人:「ロックやストレートも楽しめるのですが、そば湯で割ると相性抜群!それぞれの個性で相乗効果を生み出します。」

 

ここ「みず野」には、ご主人こだわりの旨いモノが揃ってます!ひとりで或いは気のおけない仲間たちと。気楽に、ちょいと粋に大人の蕎麦屋の楽しみ方を。

 

*****************

みず野

住所:横浜市戸塚区戸塚町56

電話:045-864-0045

営業時間:11:30~14:00(L.O)/17:30~22:00(L.O)

定休日:日曜日(月曜が祝日の場合は昼のみ営業)

Share (facebook)