戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

カレーが人気の菊屋食堂、トルコライスもイイね!

いつだったかテレビで「アド街ック天国」を見て、「トルコライス」

なる食べ物があると初めて知りました。

長崎名物だそうですが、皆さんはご存知でしたか?

トルコライス??

謎めいたネーミング!

いかにもハイカロリーな風貌!

 

その時はあまり引かれなかったけれど、インパクトが強烈すぎて

ずっと記憶に残っていました。

それから幾ばくかの月日が流れ・・・戸塚でもトルコライスを提供する

店があると知って、コワいもの見たさ?で挑んでみたくなりました(^^)

 

IMG_9952_to

そのお店はトツカ―ナ2F裏側のちょいと分かりづらい場所に位置し、

意識して探さないと、あまり気づかないかもしれません・・・

中央通路をバスセンターの方へ歩いていき、右側へ入ったところです。

 

IMG_9954_to

トツカ―ナの他の店舗とは内部でつながっていないようで、

出入り口はぐるっと外から回るしかないんですね。

 

IMG_9957_to

こんな所にこっそり飲食店があるとは!

 

IMG_9968_to

菊屋食堂

ここは レトロなテイストのB級グルメパラダイス♪

B級グルメ好きなら、行ってみるっきゃない!

 

IMG_9976_to

入ってみるとチェーン店を思わせる造りですが、内装は濃茶系で

統一されており、気楽に入れてしかも落ち着ける店舗。

取材中もおひとりさまの入店が目立ち、一人でナポリタンを食べにくる

常連のオバアチャンもいるそうです♡

 

味わい深し古き良き時代・・・手作りの洋食レストラン

 

と謳っているだけあって、従業員はすべてパートさんでありながら

「ここまで手作りにこだわって、丁寧に調理している飲食店は

個人経営店以外では滅多にないはずです!」とお話を伺った

部長さんが自信をもって語っておられました。

 

自慢のメニューがこちら↓

看板メニューは特製ビーフカレーなんですね~。

今日はトルコライスの予定だったのですが、カレーの魔力には

勝てそうもない・・・困った、どうしよ!?

IMG_9982_to

カレーのトッピングが豊富なこと!

まさに菊屋食堂の代表メニューなんですねー。

こうなったら、ぜひ食べてみたいものです。

 

IMG_9991_to

マネージャーさんが言うには、

「カレーと人気を分けるのがソースカツ丼このあたりでは珍しい

のですが、カツと厳選ソースとキャベツのハーモニーが最高です。

ナポリタントルコライスもよく出ますよ~。

菊屋バーガーはバウンズ(パン)をこだわって選び、手作りパテ

との相性がバッチリの自信作です。」

 

IMG_9973_to

券売機で食券を買うんですね。確かに~ラフなスタイルです。

マネージャーさんの説明を聞いたら、ぜ~んぶ食べてみたい☆

B級グルメはガッツリと庶民を引きつけて離さないのだ・・・

このメニュー揃え、

やるな~菊屋食堂!

 

IMG_9986_to

大食い派には大盛りも用意されています。

 

IMG_9987_to

なんと、平日ランチタイムには太っ腹なサービスが。

が~ん¥¥¥

今日はランチ時間を過ぎているので、ここではご紹介できません。

 

 

 

★初志貫徹★

悩んだ末にトルコライスをオーダーしました(*^_^*)

IMG_0005_to

スープがつきます。

トルコライス=「大人のお子様ランチ」

トルコライスの語源はハッキリしない のですって。

長崎や大阪など地域やお店によって特徴が色々とあるらしいです。

 

IMG_0006_to

ついにお出まし、トルコライス

ひょえー!!!

そのボリューム感に思わずのけぞりましたー。

私の驚きに、女性マネージャーさんは「ウフフ・・・」と笑っていました。

 

IMG_0010_to

郷愁をそそるケチャップ味のスパゲッティ

カレーピラフの上に、ゴロンと岩のような存在感が光るヒレカツ2枚

その岩から雪崩のように勢いよく降りかかるカレールー

遥か彼方に見える緑の山は、付けあわせのサラダ

 

IMG_0025_to

手始めにスパゲッティを。

下準備ならぬ舌準備をいたしましょう♪

 

予想を裏切らない柔らかい麺はパスタではない、

紛れもなく日本のスパゲッティ。

ケチャップの酸味と甘みを含んだ、ホッとするおかあさんの味。

 

IMG_0031_to

カレーピラフはピり辛、刻み野菜もちゃんと入ってgood☆

 

IMG_0027_to

おっと、忘れちゃあいけません。野菜の存在を。

炭水化物とたんぱく質だけでは不健康すぎるので、

ここで一息いれてお口の中をさっぱりと清めましょう。

 

いよいよメインへ突入です→

IMG_0028_to

揚げたてアツアツ&サクサクのヒレカツ。

柔らかくてジューシーな肉の旨さ!

わー、おいしい!

カレールーでしっとりした部分もまたイイ!

肉とル―の相乗効果で満足度は120%ですね☆

 

IMG_0033_to

カレーピラフに、菊屋食堂ご自慢のカレール―をかけ・・・

至福の瞬間とはまさにこれ。

淑女のワタクシですが、大きな口をあけてパクリ!

 

とろ~りコクのあるカレール―がワタクシを襲います。

うわー!ウマイよ!

痛烈なカレーの風味がお口の中でダブルパンチ。

とにかく濃い!濃い!

 

 

ボリュームあり過ぎ!完食ならず・・・スミマセン(-_-;)

またまた女性マネージャーさんの笑顔、

「いいんですよ、女性には多いですよね・・・」

でも、ハングリーな男性諸氏にはよろしいかと思います❤

 

ワタクシのお腹はヤバイ感じになっているのですが、

皆さんの期待にお応えして、カレーもいっちゃいますか!

(太ったら、仕事のせいだわ~)

IMG_9972_to

そもそも戸塚にあった「三楽」という名喫茶店のカレーを

引き継いだのが始まりだそうですが、時代の好みに合わせて手を加え

改良を重ねながら、今やすっかり菊屋カリーとして常連さんの

支持を得るようになりました。

 

IMG_9999_to

とっても良心的なことに、カレールーのサービスも。

毎月2日の「半額カレーの日」も狙い目です。

 

 

***********
これが菊屋食堂イチオシ☆特製ビーフカレー

***********

 

おいしそう!!

楕円の平皿にたっぷり盛られています。

IMG_0012_to

毎朝、大量の玉ねぎを刻んでコーヒー色になるまで炒め、

夜までの営業時間中ずっと従業員さんが交代で玉ねぎを炒めながら

仕込み続けているという。

きちんと作られていて安心できますよね。

 

IMG_0018_to

手間暇かけて手作りされているだけあって、奥深いコクのある味わい。

よく煮込まれたビーフが崩れてソースと一体になり、とろけるような

舌触り。家庭では出せないスパイシーさが嬉しい欧風カレー、

人気があるのも納得です。

 

IMG_0036_to

ノスタルジーな洋食店で出会った強烈なトルコライスと定番人気

のカレー、他にも気になるメニューがいっぱいあって楽しい♪

 

ランチタイムは主婦パートさんばかりでしょうか?

とても優しそうな「おかあさん」という印象の方々がテキパキと

にこやかに働いていて、接客にも好感が持てました。

男性だったら癒されそうなのもポイントです♡

 

Share (facebook)