戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

戸塚に市場があるのって知ってる?市場食堂でおいしい海鮮丼を食べよう!

知っているようで知らない戸塚の市場「荒井市場」。

こちらはなんと一般の方でも仕入れOKな市場。

朝も6時くらいに行けば、「ザ市場」な感じを体感できる。

いいものから先に売れてしまうので馴染みのお店ができるまでは

早い時間に行くのがオススメです。

お昼前に閉まってしまうお店もたくさんあるので要注意です。

今回、取材をしてきたのは実は市場ではなく、

市場で働くひとのための「市場食堂」。

場所は同じ敷地内。

中にはいくつかお店が入っているのだけれど、

おすすめは入ってすぐ右にある「市場寿司」さん。

なんとこちらは市場内に店を構える

三崎のまぐろ問屋さんの直営店。

だから、美味しいまぐろや海鮮がリーズナブルに食べられるのです。

12時を過ぎると、ダッと一気にお客さんがくるので

11時半とか13時近くとか少し時間をずらして行くとすぐに美味しいものにありつけるはず。

カウンターの中では、おじいちゃんの職人さんが手際よく調理。

きびきびとした動きが見ていて気持ちがいい感じ。

で、出てきた海鮮丼がこれ。

種類が豊富なのはもちろん、新鮮なのが一目瞭然。

しかも海鮮丼なのに、こちらはご飯が別盛り。

しかも別盛りのご飯には、いくらちゃんが!!

酢飯もちょうど良い感じで食欲をそそります。

これに出汁がしっかりととられた海老汁がついて

なんとお値段は1350円。1000円を超えるランチなのでリーズナブルとは言えないかもしれないが

内容を考えれば、ちょー安いです。

三崎のまぐろ問屋だけあって、まぐろがちょーうまいです。

 

まぐろは近海のものを除いてほとんどは海上で冷凍します。

まぐろは冷たい海を高速で泳ぐので熱に弱くマイナス50℃の特殊な冷凍庫で管理。

万全な管理のもと市場に卸され、各地へ流通するのだけど

その移動の最中もマイナス50℃の環境を作るのは簡単じゃありません。

ただこちらは市場内にあるお店なので完璧な温度管理かのもとで

お店に納品。そして難しいのがまぐろの解凍。

これにプロの技が光っています。全然水っぽくない。

味が濃くて赤身がうまいってこういうことだなって実感させられます。

 

こんなまぐろ問屋直営の市場内食堂なのに、

一緒に取材を同行した相方は、、、

 

 

 

 

サーモンいくら丼食べてました。

 

いや、おいしいのは分かるけどさ、、、、

 

お店に行った際は、好きなものを頼んで大丈夫なのですが

海鮮丼かネギトロ丼とかまぐろが入っているのがオススメです!

 

市場寿し

045-851-6661

神奈川県横浜市栄区金井町467

平日10:00~14:00

https://goo.gl/maps/qT2uT

 

Share (facebook)