戸塚新聞は横浜戸塚の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

地産地消!毎月第一日曜日は早起きをしよう!東戸塚市民朝市

_MG_1218

東戸塚に住んでいる方ならきっと1度は見かけたことのあるこの看板。
「東戸塚 市民朝市」

え?見たことないって??
じゃあ知って下さい!!

この朝市、東戸塚住民なら行くべきです!!

はい、大事なことだからもう1度言います!

この朝市、東戸塚住民なら行くべきです!!

え?どこでやってるかって??
場所は、西口を出てすぐのセントラルフィットネス東戸塚の駐車場。
そう、駅近!
時間は、春~夏は6時半から。秋~冬は7時から。
そこんとこ、お間違いなく!

_MG_1265

というわけで6時半、到着。
雨の日だというのに、この人出!!

※取材日の4月5日はちょうど統一地方選挙の1週間前ということもあり議員さんもいらっしゃっていたため、都合によりお名前のはっきり載っているタスキはぼかさせてもらいました。

そう、みなさんが「日曜だから・・・」なんてスヤスヤ寝ている中、こんなにたくさんの人がこの朝市に集まっているんです!!

思い出すよね、小学校の頃。
ことわざ辞典に書いてあったあの言葉。

「早起きは三文の得」

って。
早起きした人だけが、楽しめるこの朝市。

日曜の朝早くでも、こんなに沢山の人を惹きつける朝市に迫ってみます!

_MG_1245

◆歴史ある、東戸塚市民朝市◆

昔はどこの地域でもあった朝市。
だけど、住宅が増えて場所がなくなったり、都市開発によってどんどんなくなっていったそう。

東戸塚の朝市も、もとは東口でやっていたそうなのですが、再開発によって場所がなくなり、この西口のセントラルフィットネスの駐車場に場所をうつしたのだとか。

で、この東戸塚の朝市、始まったのが昭和56年!
今年でなんと34年で、横浜市内の中でも古い朝市に入るんだそう!

東戸塚朝市で出る店舗は野菜などを扱っている農家さんが2店、加工食品も扱う農家さんが1店、花苗のお店が1店、果物のお店が1店で多い時は5店出店があります。
取れ具合によっても変わってくるのですが、私が行った際は農家さん3店の出店でした。

_MG_1232

◆野菜を使った自家製加工食品でも有名!泉区 小間農園◆

まずは、味噌やジャムなどの加工品も販売している小間さんにお話を伺いました。
雨が降ってるにも関わらず、傘を忘れた私にそっと傘を貸してくれた優しいお方です♡
小間さんは、自分の所で採れた野菜で作る加工食品も人気なんです!

_MG_1223

ゆずみそ、ふきのとうみそ、手作りみそからしそジュース、梅干やジャム、トマトケチャップとたくさんの加工食品が並んでいます。

これ、全て手作りなんですよ!!

みそはなんと麹から手作りなんだとか!
手作りだからこそ、ふきのとうみそやシソの実の醤油漬けなどスーパーなどでは見かけない珍しいものもたくさんありました。

どういう使い方をするのかわからないものがあったら、どんどん聞いて下さい!

作った人と会話ができることこそ、こういう対面式の朝市のいいところです!

_MG_1219

さらには、巻物やいなり寿司、いなりそば(これも珍しい!)、お赤飯や山菜おこわ、よもぎ団子やおまんじゅうなども。
もちろん、おはぎに使っているあんこは手作り!

朝食の支度をせずとも、こういう朝ごはんになりそうなものを買って帰れるのはありがたいー!

_MG_1230

もちろん、採れたての新鮮なお野菜もたっぷり!
あっという間にどんどんなくなってしまっていました。

☆☆☆

_MG_1269

◆珍しい野菜も並ぶ!泉区 美濃口農園◆

美濃口農園の、お話が面白くて上手なお2人。

とにかく、朝市はお店の人と会話をする楽しさが魅力!

これに限ります。

_MG_1236

まず、私の目を惹きつけたのが紫の水菜!
奥にはちぢみほうれん草やスイスチャードも並んでいます。

そう、美濃口農園さんは珍しい野菜が並んでいることでも人気!

スイスチャードはハウスで作っているそうで、柔らかいのが特徴!
さっと茹でると色鮮やかでカラフルになるので、レストランでも人気の野菜。

_MG_1240

「トマトは本当美味しいから!1番のお薦め!」
とのこと。
サンロード、という品種のトマトで、これもなかなかスーパーでは並ばない品種。こういう直売でしか手に入りません!!

「食べてみると味が違うよ~!」

という美濃口農園さんの言葉に、みんなトマトを手にします。
普通スーパーでよく売られている桃太郎よりも甘くて、大玉ほど美味しいらしいです。

_MG_1238

この小さいきゅうりは「フリーダム」という品種のきゅうり。

珍しいいぼなしきゅうりで皮が柔らかいので、

「生でミソなんかをつけてバリっと食べるのが1番美味しいよ!」

あー、確かに食べたいっ!!

☆☆☆

_MG_1260

◆家族全員で参加 戸塚区 川戸さん◆

川戸さんは、小さいお子さんが2人いらっしゃってこの日も連れていらっしゃっていました。
雨だったので車の中で待機。
お客さんがみんな、
「あれ?今日お子さんは?」
と聞いていました。

かわいい人気者の看板っ子がいらっしゃる農家さんです。

_MG_1259

「うちはスタンダードな野菜だけど、旬のものをどんどん作っています。」

並んでいる野菜は、じゃがいも、安納芋、玉ねぎ、菜の花、サニーレタス、ほうれん草・・・。
どれも立派!綺麗!!

今は夏野菜の苗の準備に入ったそうで、きゅうりやナス、トマトなどの苗付けをしたとのことでした。

手作りのたくあんも販売されていて、どんどん売れていってました!

☆☆☆

こういう朝市で買うことによるメリットって、実は私達が思っている以上にたくさんあるんです。

その1 旬な、新鮮な野菜が買える!
言わずもがな、ですよね。
スーパーに並んでいる野菜は、まず市場に送られて、そこからスーパーへと届けられます。
その分日数が経っているわけです。
朝市の野菜は前日や朝採りの野菜!
葉っぱもピン!としていて、見ただけで新鮮って伝わります。
新鮮だからこそ、美味しいし持ち帰った後も長持ちしますよ!

その2 生産者&消費者の顔が見えるから嬉しい!
最近スーパーに並ぶ野菜にも顔写真のついた野菜が多くなりましたよね。
食品の安全性が問われるニュースも最近は本当に増えました。
こうして顔が見えて、作った人から直接買える、ということは安心です^^
それに、農家の方も自分の野菜を買ってくれる人の顔が見える、というのはとても嬉しいそうです。
愛情込めて作ってる野菜ですもんね!

その3 地元の活性化に繋がる!
朝市に並ぶのは、地元の生産者の方々です。
地元の野菜を買うということは、地元にお金を落とす、ということにつながり、地元の活性化につながります!
東戸塚万歳!ってことですね\(^o^)/

その4 生産者の方との会話を楽しめる!
その野菜の1番美味しい食べ方を知っているのは作っている農家さんです。
わからない野菜とか、レシピなんかもせっかくの機会なのでどんどん聞いて欲しいそうです。
朝から笑顔で何でも答えてくれます♡

その5 CO2削減につながる!
野菜を配達するために使うトラックの輸送量が地元での販売なら大幅に削減できます。
それはつまり地球に優しいってこと!
朝市で野菜を買うだけで地球に貢献できるなんて、なんだかすごい!

どうですか?!

朝市最高っ!!\(^o^)/

東戸塚の朝市は毎月第一日曜日!
西口を出てすぐのセントラルフィットネス東戸塚の駐車場です。
駐車場で開催しているので、お車でもOK!
時間は
4月~10月 6:30~8:00
11月~3月 7:00~8:00
です。

月に1回ぐらい、早起きをして、是非足を運んで欲しいと思います!

満足感は保証します!!

本当に人気で終わり頃の時間には売り切れ続出なので、お早めにお出かけ下さい!
◆東戸塚 市民朝市
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/nousan/chokubai/totsuka.html

Share (facebook)